【ニンテンドーラボ】プログラミングが学べる!トイコンガレージの作り方は?

工作好きにはたまらない任天堂Switchの「ニンテンドーラボ」。シリーズ化していて、どれを買おうか小5の息子が悩んだあげくに購入したのがこれ。「ドライブキット」です!自分で組み立てた作品がコントローラー「Toy-Con(トイコン)」になるって、凄いですよね。

ニンテンドーラボドライブキットの画像1

光のようなスピードで組み立てたハンドルアクセル。作り方は、Switchで動画で見れるので小学生でも一人で作れます。

ニンテンドーラボドライブキットの画像1

さっそくコントローラーを設置して、ドライブゲームを満喫する息子。めっちゃ楽しそう。興奮して、壊れないかな?と遠くからみていました。何日か経ってから、「トイコンガレージでゲーム作ってみた?」と聞いてみました。そう、ニンテンドーラボでプログラミングするなら買ってあげるよという約束だったのです。

「途中までやってみたけど、わからないとこがあるんだ」という返事。わからないところ?母もわからないぞ・・確か、サンプルプログラムがあったはず。

トイコンガレージを起動する

  1. ニンテンドーラボのソフトをSwitchのゲームカードスロットに入れて起動したら、画面右の「わかる」をタップします。

トイコンガレージ起動画像2

  1. Toy-Conガレージ」をタップします。

トイコンガレージ起動画像

  1. Joy-Con(ジョイコン)を本体と接続しよう!」と表示されたら、Switch本体からJoy-Conを取り外します。

トイコンガレージ ジョイコン無線接続の画像2

  1. Joy-Conを外すと、「Toy-Conガレージ」の画面になります。

トイコンガレージ ジョイコン無線接続の画像

ノードとは?

白い線で囲まれた四角い箱を「ノード」といいます。

  • 入力ノード
  • 中間ノード
  • 出力ノード

と3つのノードを組みあわせてプログラムを作成します。

入力ノード

「入力ノード」は、

  • タッチしたら(画面のタッチを入力に使う。タッチする場所を指定することができる。)
  • ふったら(Joy-Conの加速度センサーを入力に使う。加速度センサーとは、スピードに変化が起きたことを感知するセンサーのこと。)
  • ボタンをおしたら(Joy-Conのボタンを入力に使う。どのボタンを使うか設定できる。)
  • スティックをたおしたら(Joy-Conのスティックを入力に使う。どの方向に傾けたら・どのくらい傾けたら反応するかを設定することも可能。)

など「~したら」に当たる部分です。Toy-Conを使えば、

  • つり(リールをまきあげたら・サオを動かしたらなど)
  • おうち(ぷすぷすしたら・くるくるしたら・ねじねじしたらなど)
  • ピアノ(ドレミファソラシド)
  • バイク(アクセルを回したら・ハンドルを左右に切ったらなど)
  • ロボット(腕・足を伸ばしたら)

などの入力ノードが使えるので、作品の幅が広がります!

中間ノード

入力ノードと出力ノードの間に「中間ノード」をはさむことで、高度な設定をすることができます。

  • ANDノード(2つの入力がどちらもONの場合にだけ出力する。アナログの場合は小さい数値のほうを出力する。)
  • NOTノード(入力がONだったらOFFを、OFFだったらONを出力する。アナログの場合は1.0から入力値を引いた数値を出力する。)
  • タイマーノード(入力してから指定した時間が経過した後に出力する。最大10秒。)

などの中間ノードで条件をプラスすることで、ゲームが複雑になります。

出力ノード

「出力ノード」は、

  • しんどうさせる(Joy-Conを振動させる。周波数を設定することも可能。)
  • 音を鳴らす(Switch本体から指定した音を鳴らす。ピアノ・オルガン・ねこなど音色を指定できる。)
  • 画面を光らせる(画面の中の指定した箇所を光らせる。光らせ方を「動く」「回る」「のびる」「フラッシュ」などにすることも可能。)
  • IRカメラの赤外線LEDを光らせる(注意点として、IRカメラ2つとJoy-Con5本以上を同時に使うことはできない。)

など「何が起きる」に当たる部分です。「出力ノード」と「中間ノード」の条件がそろったときに、「何が起きる」が発動します。

お手本トピック

①画面左上の「メニュー」をタップして、②「お手本トピック」をタップしましょう。

お手本トピックのメニュー画像

トイコンガレージに慣れるために「お手本トピック」をひと通り見てみましょう。

トイコンガレージのお手本メニュー画像

  1. 倒れる人形を作ろう
  2. 画面を動かそう
  3. キターを作ろう
  4. 中間ノードを作ろう
  5. アナログとデジタル
  6. ミニゲームを作ろう
  7. Toy-Conノードを使おう

7つのお手本トピックがあります。最初からひとつひとつ見ていくと、だんだんトイコンガレージのことが分かってきます。この中から、2つご紹介します。

ギターを作ろう

トイコンガレージ ギターの画像

輪ゴム3本をSwitch本体にかけて、ギターの弦に見立てます。白い四角のノードの上の輪ゴムを弾くと、ギターの音色が聞こえます。トイコンガレージでは、プログラムを作って動かすときは画面上中央の▶をタップしてプレイモードにすることで、プログラムを手でタッチして崩れてしまうのを防ぐことができます。

ミニゲームを作ろう

トイコンガレージ「ミニゲームを作ろう」の画像

2Dいどうノードを使って、「玉ころがしゲーム」が作れます。Switchの画面を傾けると、玉がコロコロ転がります。2Dいどうノードを使うことで、白いボールを縦横に動かせるようになります。白い玉が通路にぶつかると、「ブブーッ」と音が鳴りますよ。

サンプル

①画面の左上の「メニュー」をクリックして、②「サンプル」をクリックすると③「8つのサンプルプログラム」が表示されます。

トイコンガレージのサンプルメニュー画像

すべて見るのがおすすめですよ!

スポイト

トイコンガレージ スポイトの画像

スポイトノードは、白い四角に反応します。

  • 画面を光らせる
  • IRマーカーがうつったら

と組み合わせて使います。

「白く光っている四角が○(スポイトノード)に触れたとき」という条件を付ける中間ノードです。まるで、スポイトノードが白い四角を吸い取っているようにも見えますね。「はんい」を設定して、「○(スポイトノード)がどのくらい白く光っている四角を吸い込んだとき」という条件にすることもできます。

カウンター

カウンターノードは、入力された回数をカウント(セーブ)して出力を決めるノードです。入力された範囲を元に出力を決めます。カウンターの設定を変えることで、いろいろな動きを作り出せます。

  • 設定を「トリガー」にする→Aボタンを押すたびに1つ増える
  • 設定を「ホールド」にする→Aボタンを押し続けると増え続ける

ニンテンドーラボ カウンターの画像1

  • 設定を「ループ」にする→Aボタンを押し続けると増え続ける
  • 0」にノードを繋ぐ→カウンターが「0」になる

ニンテンドーラボ カウンターの画像2

ON/OFFスイッチ

トイコンガレージ on/offスイッチの画像

カウンターの設定を

  • アナログ、しゅつりょくマップ:0-1
  • カウント・はんい:0-2
  • 設定を「トリガー」「ループ」

にすることで、タッチしたらON・もういちどタッチしたらOFFになる「ON/OFFスイッチ」が作れます。

角度の差

角度の差ノードの「角度」は、下図のようにJoy-Conを傾けたときの角度になります。

2つのジョイコンの画像

サンプルのように、2つのJoy-Conのひねり具合(角度の差)を大きくすると音が高くなる、というようなプログラムが作れます。

トイコンガレージ 角度の差の画像

※「ジャイロ」は加速度のことで、「ジャイロリセット」はジャイロセンサーを初期値に戻すという意味になります。

デジタル化

トイコンガレージ デジタル化の画像

デジタルか」は、アナログをデジタルにかえるノードです。

  • じんわり変わるのがアナログ
  • パチっと変わるのがデジタル

になります。

けいさん

トイコンガレージ 計算の画像

けいさんノード」は、中間ノードになります。

  • 角度の差
  • +
  • ×
  • ÷
  • 定数 (-100.00~100.00の範囲で設定できる。定数を入力することで、その数値が出力され続ける。)
  • ランダム

を入力することができます。

いろんなサンプル

【「Joy-Con(L)を立てながら」+「ボタンを押すと」で変な楽器が作れるプログラム】

トイコンガレージ 楽器の画像

【「振ったら」+音を鳴らす」でドラムのプログラム】

トイコンガレージ ドラムの画像

【「カウンター」と「スポイト」で音楽を作るプログラム】

トイコンガレージ 音楽の画像

【「カウンター」の設定を「ループ」にしてルーレットを作るプログラム】

トイコンガレージ ルーレットの画像

まとめ

トイコンガレージの使用感は、「難しい…」です。もっと簡単にできるイメージがありましたが、使いこなせるかどうか分からないというのが正直な感想です。しかし、小学生でもトイコンガレージで面白いゲームを作っている子がたくさん居ます。任天堂では、定期的にトイコンガレージを使ったコンテストを開催しています。「トイコンガレージのアイディアが思い浮かばないなぁ」というときは、任天堂公式ホームページをチェックしてみることをおすすめします!

 

【関連記事】


【人気記事】