Raspberry Pi をYouTube playerにしてスマホ(Android)で操作する方法

ラズベリーパイOSMCを入れてYouTube playerにする方法を紹介します。後半は、Androidスマホをリモコンにした場合の操作性などのレビューを書いています。

※今回は、Raspberry Pi 3 model Bを使いました。

ラズベリーパイにOSMCをインストールする方法

ラズペリーパイでYouTubeを見る方法のひとつに、拡張機能(アドオン)であるOSMC(メディアセンター)をインストールする方法があります。ラズパイでYouTubeを視聴すると「遅い」「カクカクする」場合がありますが、OSMCを追加することで滑らかな画像を見ることができます。

ラズパイは、複数のOSをインストールすることができるので、

  • Raspbian
  • OSMC

と2つのOSをインストールしました。

SDカードを初期化する

SD Formatter」をダウンロードしてmicroSDカードをフォーマットします。「上書きフォーマット」を選択して、「フォーマット」をクリックします。

SD Formatterの画像

「フォーマットが正常に終了しました」とメッセージが出たら完了です。

NOONSをダウンロードする

ラズパイにOSをインストールするためのソフトである「NOOBS」をダウンロードします。ラズベリーパイの公式サイトにアクセスして、「DOWNLOADS」をクリックして「NOOBS」をクリックましょう。

NOOBSダウンロードの画像

今回は、NOOBS Liteをダウンロードします。「NOOBS Lite」の「Download Zip」をクリックすると、ZipファイルがPCにダウンロードされます。

NOOBS LITEダウンロード画面の画像

「NOOBS」と「NOOBS Lite」の違いは、「Raspbian」が入っているかどうかになります。「NOOBS」にはあらかじめ「Raspbian」が入っているので、オフライン環境でもラズパイに「Raspbian」をインストールできます。今回は、OSMCがオンライン環境でなければインストールできないので、「Raspbian」をインターネット経由でインストールする「NOOBS Lite」を選択しました。

NOOBSをmicroSDカードにコピー

ダウンロードしたNOOBSのZipファイルを、microSDカードへコピーします。Zipファイルを解凍すると、「NOOBS_v3_2_」というディレクトリが作成されますが、こちらの下の階層にあるファイルを全てmicroSDカードにコピーします。

NOOBS LITEダウンロード画面の画像2

コピーが完了したら、microSDカードをPCから取り出してラズベリーパイにmicroSDカードを挿入します。

RaspbianとOSMCをインストールする

事前準備として、ラズパイにLANケーブルを接続しておきましょう。通信環境がWi-FiだとOSインストール画面に「OSMC」が表示されません。

タッチパネルに電源アダプターを接続すると、NOOBS(インストーラー)が起動します。Raspbian(Raspbian A port of Debian with the raspberry Pi Desktop)とOSMCにチェックを入れて、言語は日本語を選びましょう。

ラズパイOSインストール選択画面の画像

画面左上の「インストール」をクリックすると、警告が出ます。「はい」をクリックすると、RaspbianOSMCのインストールが始まります。

Raspbianインストールの画像2

「OSのインストールに成功しました」とメッセージが出たら、インストール完了です!

Raspbianの設定をする

ラズパイに複数のOSをインストールした場合は、OSが起動するときに「ブートするOSの選択」画面が表示されます。まずは、Raspbianの設定をするので「Raspbian」をクリックして選択します。

ブートするOSの選択画面の画像

Raspbianの設定画面が表示されるので、サクサク設定していきましょう!

  • Country(国)→Japan(日本)
  • Language(言語)→Japanease(日本語)
  • Timezone(時間帯/標準時)→Tokyo(東京)

になっていることを確認して、「Next」をクリックします。

ラズビアン設定画面

Raspberry Piのパスワードを設定します。お好みのパスワードを2回入力したら、「Next」をクリックします。(下は確認用です)

ラズビアン設定画面2

Wi-Fiを設定します。使用するネットワークを選択し、パスワードを入力して「Next」をクリックしましょう。

ラズビアン設定画面3

Raspbianのソフトウェアの更新を行います。「Next」をクリックして更新してしまいましょう。

ラズビアン設定画面4

これでRaspbianのセットアップ完了です!「Restart」をクリックして、ラズパイを再起動しましょう。

ラズビアン設定画面5

OSMCの設定をする

Raspbianの設定が完了したら、OSMCの設定をしていきましょう。今度は、「ブートするOSの選択」画面で「OSMC」をクリックして選択します。

ラズパイOS選択画面

これから、OSMCの以下の設定をしていきます。

  • 言語設定
  • タイムゾーン設定
  • デバイス名設定
  • SSH設定
  • ライセンスの確認
  • Wi-Fi設定
  • 見た目の設定
  • ニュースレター受け取り設定
  • OSMCのアップデート確認

まずは、OSMCの言語設定をしましょう!

言語設定

Japanease」を選択して言語を日本語に設定します。

OSMC日本語設定画面の画像
画面中央に「Japanease」、画面下に「No」「Yes」と表示されるので「Yes」をクリックしましょう。

タイムゾーン設定

次はタイムゾーン設定です。「Asis」を選択してから、「Tokyo」を選択します。

OSMC日本語設定画面の画像

デバイス名設定

デバイスに好きな名前を付けられます。①「osmc」と入力されている箇所にカーソルを当てて、好きな名前を入力します。②「Accept」をクリックしましょう。

OSMCデバイス名設定画面
もし、デバイス名を「osmc」にしたい場合は何も入力しないで「Accept」をクリックします。

SSH設定

SSH設定は、「Accept」をクリックすればOKです!OSMCSSH名設定画面

ライセンスの確認

ライセンス画面が表示されるので、確認したら「Continue(続ける)」をクリックします。

OSMCライセンス画面

Wi-Fi設定

Wi-Fiを設定していきます。「I’d Like to set up networking manually」をクリックしましょう。

OSMCインターネット設定画面

「Wireless(無線)」をクリックします。

OSMCインターネット設定画面2

使用するネットワークを選択し、パスワードを入力しましょう。

OSMCインターネット設定画面3

見た目の設定

2通りの見た目からお好みのものを選択できます。「OSMC」または「Classc」から選びましょう。

OSMC見た目設定画面

ニュースレター受け取り設定

ニュースレター受け取りの可否を設定します。今回は、「No thanks(受け取らない設定)」にしました。

OSMCニュースレター受け取り設定画面

OSMCのアップデート確認

OSMCのアップデートがあるか確認をします。「Yes」をクリックしましょう。アップデートが無い場合は、「There are no updates available」と表示さあれるので、「OK」をクリックしましょう。

OSMCの設定完了画面が表示されたら、設定完了です!

OSMCを日本語化する方法

OSMCを日本語化します。OSMCトップ画面を下にスクロールすると、「Settings(設定)」の項目があるのでクリックしましょう。

OSMCトップ画面

Interface(インターフェイス)」をクリックします。

OSMC設定画面

Fonts(フォント)」をクリックしましょう。

OSMC日本語画面「Default」から「Arlai」へ変更します。

OSMC日本語設定画面2

Regional(地域)」をクリックして、「Language(言語)」をクリックしましょう。

OSMC日本語設定画面3Japanease(日本語)」を選択します。

OSMC日本語設定画面4OSMCの日本語化が完了しました!

OSMC日本語画面

OSMCにYouTubeをインストールする方法

このままでは、まだYouTubeを見ることができません。OSMCでYouTubeを見るには、ビデオアドオン(拡張機能)にYOuTubeをインストールする必要があります。「設定」をクリックしましょう。

OSMCビデオアドオン設定画面2

アドオンブラウザー」をクリックしましょう。

OSMCビデオアドオン設定画面3

ビデオアドオン」をクリックします。

OSMCビデオアドオン設定画面5

YouTube」をクリックしましょう。

OSMCビデオアドオン設定画面6

YouTubeのインストールが開始します。

OSMCのYouTubeにサインインする方法

YouTubeのインストールが完了すると、いくつか設定する項目があるので案内に従って設定を進めます。設定が完了すると、YouTubeにサインインするよう促されるので、サインインしてデバイスを登録しましょう。(一度サインインすれば次回からは接続されます。)

OSMCYouTube画面

「Sign in(サインイン)」をクリックします。

OSMCYouTubeサインイン画面

google.com/device」へログインして、

following code:

以下のコード(ここでは「SYGW-PGHL」)を入力するよう促されます。

OSMCYouTubeサインイン画面2

URLへアクセスするのは、ラズパイからでなくてもパソコンやスマホなど他のデバイスでOKです。コードを入力したら、「次へ」をクリックしましょう。

デバイス設定画面

連携するGoogleアカウントを選択します。

デバイス設定画面2許可」をクリックします。

デバイス設定画面3

YouTubeへサインインできました!

デバイス設定画面4

OSMCでYouTubeを見る方法

ラズパイの電源を入れ、OSMCを選択してトップ画面が表示されたら「ビデオ」をクリックします。

OSMCでYoutubeを見る

ビデオアドオン」をクリックして、「YouTube」をクリックします。

OSMCでYoutubeを見る2

My Subscription(登録チャンネル)」に登録した動画のタイトルが表示されるので、クリックして動画を再生してみましょう。

OSMCYouTubeサインイン画面5音量が小さい場合は、画面下のスピーカーのアイコンから調整できます。

音量調整画面の画像

音量タブを右にスライドすると、音量がアップします。

音量調整画面の画像2

ラズパイでYouTubeを見ると「遅い」「カクカクする」などの情報がありますが、OSMCで見るYouTubeはとても滑らかで快適です!

OSMCでは日本語入力できない

OSMCでは日本語キーボードがサポートされていないので、日本語入力ができません。たとえば、YouTubeで見たい動画を検索したいときに検索ができないのでとても不便です。この不便を解消してくれるのが、次に紹介するアプリ「Kore, Official Remote for Kodi」になります。

スマホ(Android)をリモコンにする方法

OSMCでYouTubeを見るときに、ラズパイを起動してマウスで操作するのは面倒ですよね。そんなときは、Kodi/XBMCメディアセンターを制御できるアプリ「Kore, Official Remote for Kodi」をスマホにインストールしましょう!

今回はAndroid端末にインストールしましたが、iPhoneでも同じアプリがあります。アプリのインストールが完了したら、メディアセンターを追加します。「次へ」をタップしましょう。

kodeアプリ画像

自動的にメディアセンターを検索してくれます。

kodeアプリ画像2

「osmc」と表示されたら、「次へ」をタップしましょう。

kodeアプリ画像3

メディアセンターが設定されると、ライブラリーを同期します。時間はかかりません!「完了」をタップすると、スマホをリモコンとして使えるようになります。

kodeアプリ画像4

リモコンを使うときは、アプリを立ち上げると下のような画面が表示されます。

kodeアプリ画像5

画面を左から右へスワイプするとメニューが表示されるので、「アドオン(拡張機能)」をタップしましょう。

kodeアプリ画像6

YouTube」をタップします。

kodeアプリ画像7

「▶(再生ボタン)」をタップします。

kodeアプリ画像8

「My Channel(登録チャンネル)」をタップして、見たい動画をタップしましょう!

kodeアプリ画像9

これで、マウス無しでもラズパイでYouTubeを見ることができます!

Androidスマホをリモコンにした場合の操作性は?

こちらのリモコンですが、残念ながら「操作性が良い」とは言えません。なんとかYouTubeの登録チャンネルを見ることはできます。ネットワーク環境によるのかもしれませんが、反応が遅いな・・というのが個人的な感想です。

kodeアプリ画像10

リモコンで日本語入力ができるということなので試してみましたが、私はこちらのリモコンで日本語を入力することができませんでした。日本語を入力する方法が、画面右上にある縦3つの点をタップするとキーボードが表示され、OSMCにテキストを送信します。

単に、ネットワーク環境のせいかもしれません・・。

まとめ

「ラズパイでYouTubeを見る」という挑戦は、OSにOSMCをインストールすることでクリアすることができます。動画再生も滑らかなのでストレスがありません。しかし、日本語入力できないのは不便ですね。今後のアップデートに期待します!

ひとつ注意点ですが、OSMCは音楽ファイルを追加することができます。私は、15曲追加したらOSMCが起動しなくなりました…orz

SDカードの容量のせいかもしれません(16GBを使用)が、音楽ファイルを追加しようと考えている方は注意して下さい!本体に追加しないで、外部メモリを使用する方法をおすすめします。

フォローしてくれたら嬉しいです(*’-‘*)ノ