【WorldEdit】(//replace,//replacenear)コマンドでブロックを置き換える方法

Minecraftの「 WorldEdit」のコマンド //replace,//replace の使い方を紹介します。指定した範囲のブロックを特定のブロックに置き換えたり、特定のブロックのみ他のブロックに置き換えることができますよ。

//replace(ブロックを置換するコマンド)

選択した範囲のブロックを特定のブロックに置き換えたいときは、//replace を使います。

ここでは、土ブロックを、オークの木材(ブロックID:5)に置き換えてみます。

WorldEditの画像16

範囲を選択する

下図のように、//replace で置き換える範囲を選択します。

※領域を指定するコマンド//wandの使い方は、こちらの記事で紹介しています。

WorldEditの画像17

//replace +ブロックIDを入力する

オークの木材(ブロックID:5)に置き換える場合は、キーボードで

//replace 5

と入力してEnterキーを押します。

WorldEditの画像18

土ブロックがオークの木材に置き換えられられました!

WorldEditの画像21

一部だけブロックを置き換える

オークの木材を一部だけ丸石(ブロックID:4)に置き換えることも可能です。

範囲を選択する

下図のように、//replace で置き換える範囲を選択します。

WorldEditの画像22

//replace +ブロックIDを入力する

キーボードで

//replace 4

と入力してEnterキーを押します。

WorldEditの画像23

選択した範囲が丸石に置き換えられました!

WorldEditの画像24

選択した領域の一部だけブロックを置き換える

直方体のうち、オークの木材だけを砂ブロック(ブロックID:12)に置き換えるてみましょう。

範囲を選択する

下図のように、直方体すべてを選択します。

WorldEditの画像25

//replace +(置き換え前の)ブロックID+(置き換え後の)ブロックIDを入力する

オークの木材(ブロックID:5)から砂ブロック(ブロックID:12)へ置き換えるので、

キーボードで

//replace 5 12

と入力してEnterキーを押します。

WorldEditの画像26

オーク木材だけが砂ブロックに置き換えられました!

WorldEditの画像27

特定のブロックのみ他のブロックに置き換える

今度は、ラピスラズリのみをダイヤモンドブロックに置き換えてみます。

WorldEditの画像28

範囲を選択する

下図のように、始点と終点を指定します。

WorldEditの画像29

//replace +(置き換え前の)ブロックID+(置き換え後の)ブロックIDを入力する

ラピスラズリ(ブロックID:22)からダイヤブロック(ブロック:57ID)へ置き換えるので、

キーボードで

//replace 22 57

と入力してEnterキーを押します。

WorldEditの画像30

ラピスラズリだけがダイヤブロックへ変換されました!

WorldEditの画像31

複数のブロックを他のブロックに置き換える

//replace は、1種類のブロックを他のブロックに置き換えるだけではなく、2種類以上のブロックを他のブロックに置き換えることも可能です。その場合は、置き換えたいブロックを(,)で区切ります。

下図のダイヤブロック砂ブロックを、金ブロックに置き換えてみましょう。

WorldEditの画像31

範囲を選択する

下図のように、始点と終点を指定します。

WorldEditの画像40

//replace +(置き換え前の)ブロックID(,)…+(置き換え後の)ブロックIDを入力する

ダイヤブロック(ブロックID:57)と砂ブロック(ブロックID:12)金ブロック(ブロックID:41)へ置き換えるので、

キーボードで

//replace 57,12 41

と入力してEnterキーを押します。

WorldEditの画像45

ダイヤブロック砂ブロック金ブロックに置き換えられました。

WorldEditの画像46

1種類のブロックを複数のブロックに置き換える

//replace は、1種類のブロックを複数のブロックに置き換えることができます。その場合は、置き換えるブロックの割合とブロックの種類を入力して、(,)で区切りましょう。

石ブロック(ブロックID:1)を、

  • 羊毛ブロック(ブロックID:35) 50%
  • 砂ブロック(ブロックID:12) 30%
  • 金ブロック(ブロックID:41) 20%

で置き換えてみましょう。

範囲を選択する

下図のように、始点と終点を指定します。

WorldEditの画像112

//replace +(置き換え前の)ブロックID +ブロックの割合(置き換え後の)ブロックID(,)+…を入力する

石ブロック(ブロックID:1)を50%の羊毛(ブロックID:2)と30%の砂ブロック(ブロックID:12)と20%の金ブロック(ブロックID:41)へ置き換えるので、

キーボードで

//replace 1 50%35,30%12,20%41

と入力してEnterキーを押します。

WorldEditの画像113

石ブロック(ブロックID:1)が50%の羊毛(ブロックID:2)と30%の砂ブロック(ブロックID:12)と20%の金ブロック(ブロックID:41)へ置き換えられました!

WorldEditの画像114

//replacenear(プレイヤーの近くのブロックを置換するコマンド)

選択した範囲するのが難しい場所のブロックを特定のブロックに置き換えたいときは、//replacenear を使います。置き換える範囲は、サイズを指定することで調整可能です。

WorldEditの画像169

ここでは、30サイズの石ブロックを、草ブロック(ブロックID:2)に置き換えてみます。

//replacenear +【サイズ】(置き換え前の)ブロックID+(置き換え後の)ブロックIDを入力する

置き換えたいブロックの中央にプレイヤーを移動します。

キーボードで

//replacenear 30 1 2

と入力してEnterキーを押しましょう。

WorldEditの画像170

石ブロックが、草ブロックに置き換えられました!

WorldEditの画像171

//replacenear + //blush コマンドで装飾しよう

石ブロック(ブロックID:1)で作った山の表面だけを草ブロック(ブロックID:2)にしたい場合は、砂ブロック(ブロックID:12)を振りかけてから//replacenearコマンドで砂ブロックを草ブロックに置換する方法がおすすめです。

WorldEditの画像172

石ブロックの山に砂を振りかけるには、/brush cylinderコマンドを使います。

/brush コマンドの使い方は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

//brush cylinder +【ブロックID】+ 6 + 2 を入力する

半径6,高さ2の砂ブロック(ブロックID:12)の円柱ブラシを空中から落としましょう!

好みのツールを右手に持って、(ここではダイヤの斧)キーボードで

//brush cylinder 12 6 2

と入力して、Enterキーを押します。

WorldEditの画像173

マウスのカーソルを石ブロックの山に合わせてから右クリックをすると、砂ブロックの円柱が落下して石ブロックの山に砂が降りかかります。(砂ブロックは自由落下ブロックのため)

WorldEditの画像174

石ブロックの山に砂ブロックが降りかかりました!

WorldEditの画像175

次は、砂ブロック(ブロックID:12)を草ブロック(ブロックID:2)に置換します。

//replacenear +【置き換える範囲】+ 12 +【置き換えるブロックのID】を入力する

置き換える範囲を30とします。山の中央にプレイヤーを移動して、キーボードで

//replacenear 30 12 2

と入力して、Enterキーを押します。

WorldEditの画像176

砂ブロックが降りかかった部分だけが草ブロックになりました!

WorldEditの画像177

まとめ

//replace は、指定した範囲のブロックを特定のブロックに置き換えたり、特定のブロックのみ他のブロックに置き換えるコマンドです。建築のときに、「違うブロックの方が良かったかも」と思うことがありますよね。コマンド1つで他のブロックに置き換えられるので、より自分の理想に近い建築ができそうです。

フォローしてくれたら嬉しいです(*’-‘*)ノ