【WorldEdit】(//rotate,//flip)クリップボードの内容を回転・反転させるコマンドの使い方

 WorldEdit」のコピペコマンドの応用編、 //rotate//flip の使い方を紹介します。複製したいものをコピーして、回転させてから貼り付けたり、反転させてから貼り付けられるコマンドです。「回転」「反転」の違いを分かりやすくご紹介します。
※コピペコマンド( //copy//paste )の使い方は、こちらの記事で紹介しています。

//rotate(クリップボードの内容を回転させるコマンド)

ここに、4分の1だけ作った家があります。この家をコピーして、回転させながら貼り付けていき、家を完成させましょう!

マイクラWorldEditの画像45

対象物をコピーしよう

まずは、4分の1の家を「木の斧」を使って範囲選択し、コピーします。木の斧の使い方は、こちらの記事で紹介しています。

マイクラWorldEditの画像46

木の斧を持って、始点となる箇所を左クリックします。「First position set to (-10, 3, 298)」と表示されます。ここが「始点」となります。

マイクラWorldEditの画像47

次に、終点となる箇所を左クリックします。「Second position set to (-7, 10, 295)(128)」と表示されます。ここが「終点」となります。※「始点」と「終点」は、逆でもOKです!

マイクラWorldEditの画像48

キーボードの「F5」を押して、プレイヤーを「第三者視点」にしましょう。プレイヤーを回転の軸となるところへ移動して、

//copy

と入力して、Enterを押しましょう。

マイクラWorldEditの画像49

クリップボードの内容を90度回転して貼り付け

キーボードで

//rotate 90

と入力して、Enterを押します。クリップボードでコピーした内容が90度回転します。

マイクラWorldEditの画像50

続けて、キーボードで

//paste

と入力して、Enterを押します。

マイクラWorldEditの画像51

4分の1の家が、90度回転した状態で貼り付けられました!

マイクラWorldEditの画像52

続けて、さらにクリップボードにコピーした内容を90度回転させます。

キーボードで

//rotate 90

と入力して、Enterを押しましょう。

マイクラWorldEditの画像54

続けて、キーボードで

//paste

と入力して、Enterを押します。

マイクラWorldEditの画像55

さらにクリップボードにコピーした内容を90度回転させたものが貼り付けられました!(元の4分の1の家が180度回転したものです。)

マイクラWorldEditの画像56

続けて、さらにクリップボードにコピーした内容を90度回転させます。(元の4分の1の家が270度回転したものになります。)

キーボードで

//rotate 90

と入力して、Enterを押しましょう。

マイクラWorldEditの画像57

キーボードで

//paste

と入力して、Enterを押しましょう。

マイクラWorldEditの画像58

これで、家が完成しました!

マイクラWorldEditの画像59

家の外に出て確認してみます。

マイクラWorldEditの画像60

入口がありませんが、//rotate 90 コマンドを使うことで家が完成しました。

//rotate には、//rotate 90

の他にも

  • コピーした内容を180度回転させる //rotate 180
  • コピーした内容を270度回転させる //rotate 270

があります。

//flip(クリップボードの内容を原点で反転するコマンド)

ここに、2分の1だけ作った家があります。この家をコピーして、反転させて貼り付けて家を完成させましょう!

マイクラWorldEditの画像61

対象物をコピーしよう

下図のように、範囲を選択します。

マイクラWorldEditの画像62

家の中心となる場所に少し離れて立ち、キーボードで

//copy

と入力して、Enterを押しましょう。(空気もコピーした状態になります。)

マイクラWorldEditの画像65

クリップボードの内容を北側に反転して貼り付け

家を北(north)側に反転させます。キーボードで

//flip north

と入力して、Enterを押します。

マイクラWorldEditの画像66

続けて、キーボードで

//paste -a

と入力して、Enterを押します。

//paste コマンドに付いている「-a」は、空気を無視して貼り付けるという意味になります。

マイクラWorldEditの画像67

クリップボードの内容が反転して貼り付けることができました!

マイクラWorldEditの画像68

//flip コマンドには、北側に反転させる//flip north以外にも

  • //flip south(南側に反転)
  • //flip east (東側に反転)
  • //flip west (西側に反転)

があります。状況によって使い分けましょう!

/clearclipboad (クリップボードをクリアするコマンド)

//rotate//flip でコピーしたものを回転・反転すると、回転・反転したままクリップボードに保存されます。クリップボードに保存した内容をクリアしたいときは、

キーボードで

/clearclipboad

と入力して、Enterを押すことでクリップボードをクリアすることができます。

まとめ

コピーした内容を「回転」「反転」させるコマンドの

  • //rotate
  • //flip

は、使用するときの位置関係が難しいですが、慣れてしまうととても便利です。

空気を無視して貼り付ける「//paste -a」もよく使うコマンドなので覚えておきましょう!

フォローしてくれたら嬉しいです(*’-‘*)ノ