【WorldEditの使い方 (5) 】( //copy, //paste )コピー&ペーストのコマンドをマスターしよう

マイクラ

 WorldEdit」のコマンド //copy//paste の使い方を紹介します。複製したいものをコピーして、任意の場所に貼り付けられる便利なコマンドです。作業スピードが大幅にアップしますよ!



//copy(選択範囲をコピーするコマンド)

4色のブロックの壁をコピーする例で解説します。木の斧で、画像の赤丸をマーキングして領域を指定しましょう。

※木の斧で領域を指定する方法は、こちらの記事で紹介しています。

キーボードで

//copy

と入力して、Enterを押しましょう。

マイクラWorldEditの画像38

これで、指定した領域がクリップボードに保存されました。

//paste(クリップボードに保存した領域を貼り付けるコマンド)

任意の場所(コピーしたものを貼り付けたい場所)に移動して、

キーボードで

//paste

と入力して、Enterを押します。

マイクラWorldEditの画像39

クリップボードに保存されていたコピー(指定した領域)が貼り付けられました!

マイクラWorldEditの画像40

コピーの隣りに貼り付けしたいときは?

空間を開けずに、コピーの隣りにコピーしたものを貼り付けるときは、コピーとペーストのときのプレイヤーの立ち位置が重要です。

今、4色の壁をコピーして隣りに貼り付けて、1つの壁にしようと思います。コピーするときは、4色の壁のすぐ前の左端(もしくは右端)にプレイヤーを移動します。

※キーボードの「F5」で第三者始点に切り替えて、プレイヤーを後ろから見ることができるようになります。

マイクラWorldEditの画像41

キーボードで

//copy

と入力して、Enterを押しましょう。

マイクラWorldEditの画像42

4色の壁の隣りの空間の前にプレイヤーを移動して、

キーボードで

//paste

と入力して、Enterを押します。

マイクラWorldEditの画像43

空間を開けずに、コピーの隣りにコピーしたものを貼り付けることができました。同じ操作を繰り返すことで、何回でも貼り付けることが可能です。

マイクラWorldEditの画像44

まとめ

//copy//paste は、「 WorldEdit」で使用する頻度の高いコマンドです。思ったところにコピーしたものを貼り付けられるかは、

  • コピーしたときのプレイヤーの立ち位置
  • ペーストするときのプレイヤーの立ち位置

が重要なので、そこだけ気を付けてコマンドを使いましょう!