【WorldEdit 】(//set,//replace,/brush,//copy)コマンドでブロックに色を塗る方法!

Minecraftの「 WorldEdit」のコマンドでブロックに色を紹介します。//set, //replace,/brush,//copyコマンドを使えば複雑な模様も簡単に色塗りできますよ。

//set コマンドでドット柄を作る方法

//set、/brush cylinder,  //copy コマンドを作って下図のようなドット柄を作っていきます!

WorldEditの画像198

//set 【ブロックID】+を入力する

桃色のコンクリート(ブロックID:251:6)を選択した範囲に設置します。

※領域を指定するコマンド//wandの使い方は、こちらの記事で紹介しています。

キーボードで

//set 251:6

と入力して、Enterキーを押します。

WorldEditの画像189

次は、ピンクの下地の上に白い○を描きます。

/brush cylinder +【ブロックID】を入力する

ダイヤの斧に、半径3高さ1白色のコンクリート(ブロックID:251)の円柱ブラシの効果を与えます。

/brush cylinder コマンドの基本的な使い方は、こちらの記事で紹介しています

キーボードで

/brush cylinder 251 3 1

と入力して、Enterキーを押しましょう。

WorldEditの画像190

ピンクの下地の中央にカーソルを合わせて、右クリックします。

WorldEditの画像191

ピンクの下地に白い○が描かれました。

WorldEditの画像192

この模様をコピーして屋根をドット柄にしていきます。下図のように範囲を選択しましょう。

WorldEditの画像193

// copy を入力する

キーボードで

//copy

と入力して、Enterキーを押します。

WorldEditの画像194

これで、クリップボードに基本となる模様が登録されました。これを元に、ドット柄を作ります。範囲を大きく指定します。

WorldEditの画像195

//set #copyを入力する

キーボードで

//set #copy

と入力して、Enterキーを押します。

WorldEditの画像196

ドット柄ができました!

WorldEditの画像197

//replace コマンドで複雑な色を塗る方法

地面に用意したキャンバスに、少し手の込んだ模様を作成します。

WorldEditの画像178

範囲を指定する

下図のように範囲を選択します。

WorldEditの画像179

//set コマンド+確率+ブロックID+カンマ(,)を入力する

木の斧で選択した範囲に、

  • ラピスラズリブロック(ブロックID:22) 20%
  • 金ブロック(ブロックID:41) 10%
  • レンガブロック(ブロックID:45) 10%
  • ダイヤモンドブロック(ブロックID:57) 20%
  • エメラルドブロック(ブロックID:133) 20%
  • 白色の彩釉テラコッタ(ブロックID:235) 10%
  • 桃色の彩釉テラコッタ(ブロックID:241) 10%

を設置するコマンドを入力します。

//set 20%22,10%41,10%45,20%57,20%133,10%235,10%241

と入力したら、Enterキーを押しましょう。

WorldEditの画像180

カラフルな模様ができました!

WorldEditの画像181

// copy を入力する

キーボードで

//copy

と入力して、Enterキーを押します。

WorldEditの画像182

色を塗る範囲を指定する

下図のように色を塗る範囲を選択します。

WorldEditの画像181

//replace +【置き換えるブロックID】+ #copy を入力する

キーボードで

//replace #copy

と入力して、Enterキーを押します。

WorldEditの画像183

選択範囲に模様がコピーされました!

WorldEditの画像184

/brush コマンドで色を塗る方法

/brush cylinder コマンド(円柱ブラシ)で地面に絵を描いてみましょう!

/brush cylinder +【ブロックID】+1+1を入力する

白色のコンクリート(ブロックID:251)で地面に絵を描いてみます。右手にツールを持って(ここではダイヤの斧)、円柱ブラシの半径は1高さを1に設定します。

キーボードで

/brush cylinder 251 1 1

と入力して、Enterキーを押します。

WorldEditの画像186

右クリックしながらカーソルを移動することで、絵が描けます!

WorldEditの画像187

/replacenear コマンドで山を塗る方法

土ブロックで作った山に、さまざまな緑色のブロックで迷彩柄に色を塗りたいと思います。

WorldEditの画像199

//replace コマンドでも良いですが、領域を指定するのが面倒なので//replacenear コマンドを使います。

// replacenear +【範囲】+【割合】+【ブロックID】…を入力する

プレイヤーの立ち位置から30の範囲に以下のブロックを置き換えます。

  • 60%の草ブロック(ブロックID:2)
  • 10%の苔石(ブロックID:48)
  • 10%の黄緑色のコンクリート(ブロックID:251:5)
  • 10%の青緑色のコンクリート(ブロックID:251:9)
  • 10%の緑色のコンクリート(ブロックID:251:13)

山の中心に移動して、キーボードで

//replacenear 30 60%2,10%48,10%251:5,10%251:9,10%251:13

と入力して、Enterキーを押します。

WorldEditの画像200

土ブロックが置換されて迷彩柄になりました!

WorldEditの画像201

地面の草ブロックも置換されてしまったので、地面を元の草ブロックへ戻します。以下のように、戻したい草ブロックの範囲を選択しましょう。

WorldEditの画像202

// set + 2を入力する

キーボードで

//set 2

と入力して、Enterキーを押します。

WorldEditの画像203

選択した範囲の地面が草ブロックに戻りました!

WorldEditの画像204

まとめ

//set, //replace,/brush,//copyコマンドをシーンによって使い分けることで、複雑な色を簡単に塗ることができます。使い方を覚えると便利なコマンドなので、ぜひ試してみて下さいね。

 

フォローしてくれたら嬉しいです(*’-‘*)ノ