【WorldEditの使い方 (1) 】( //wand , //set )コマンドでブロックを設置しよう!

マイクラ

Minecraftの「 WorldEdit」コマンド ( //wand , //set )の使い方を紹介します。コマンド+ブロックIDを入力するだけなので、サクサク建築が進みますよ。




マイクラにWorldEditを導入する方法は、こちらの記事で紹介しています。

//wand(木の斧を取得するコマンド)

WorldEditのコマンドで、たとえば「ブロックを設置する」とします。この場合、コマンドを入力する前に「領域」(ブロックを設置する範囲)を指定する必要があります。領域を指定するには、木の斧が必要です。

キーボードで

//wand

と入力して、Enterキーを押します。

WorldEditの画像

アイテムスロット(ホットバー)に木の斧が現れました!

//set (ブロックを設置するコマンド)

//set コマンドは、ブロックを置き換えるのではなく選択した範囲に指定ブロックを設置します。

範囲を選択する

右手に木の斧を持った状態で、ブロックを設置したい場所を選択します。始点となる箇所(座標)を左クリックしましょう。

WorldEditの画像6

次に、終点となる箇所(座標)を右クリックしましょう。

WorldEditの画像7

//set コマンド+ブロックIDを入力する

木の斧で選択した範囲に、石ブロック(ブロックID:1)を設置するコマンドを入力します。

//set 1

と入力したら、Enterキーを押しましょう。

※ブロックIDは、こちらのサイトさんがまとめてくださっていますので、ブロックIDが分からないときは活用しましょう。

WorldEditの画像8

選択した範囲が石ブロックになりました!

WorldEditの画像9

ブロックで直方体を作る方法

さきほどは平地で範囲を選択しましたが、次は立体的に範囲を選択します。作成する直方体をイメージして、始点を平地に、終点を空中に設定します。

WorldEditの画像10

範囲を選択する

木の斧を右手に持って、始点となる箇所を左クリックしましょう。

WorldEditの画像11

次に、終点となる箇所(座標)を右クリックしましょう。

WorldEditの画像12

//set コマンド+ブロックIDを入力する

木の斧で選択した範囲に、草ブロック(ブロックID:2)を設置するコマンドを入力します。

//set 2

と入力したら、Enterキーを押しましょう。

WorldEditの画像13

選択した範囲に、草ブロックが設置されました!

WorldEditの画像14

2種類以上のブロックを確率を指定して設置する方法

//setコマンドは、2種類以上のブロックを確率を指定して設置することも可能です。

  • 金ブロック 20%
  • 金鉱石 50%
  • 石ブロック 25%

を含んだ直方体を設置します。

WorldEditの画像44

範囲を選択する

木の斧を右手に持って、始点となる箇所を左クリックしましょう。

WorldEditの画像17

土ブロックの直方体を使いましたが、範囲を指定するだけなので直方体でなくても構いません。たとえば、先ほどのように直方体の対角線上にブロックを1つ置くだけでも大丈夫です!

WorldEditの画像10

//set コマンド+確率+ブロックID+カンマ(,)を入力する

木の斧で選択した範囲に、

  • 金ブロック(ブロックID:41) 20%
  • 金鉱石(ブロックID:15) 50%
  • 石ブロック(ブロックID:1) 25%

を設置するコマンドを入力します。

//set 25%41,50%15,25%1

と入力したら、Enterキーを押しましょう。

WorldEditの画像43

それぞれの割合で、範囲内に金ブロック・金鉱石・石ブロックが設置されました!

WorldEditの画像44

まとめ

WorldEditのコマンド//setは、ブロックを設置するコマンドです。平地のブロックを指定のブロックに置き換えたり、直方体を作るときに便利ですね。