マイクラ1.12.2に【No Cubes 】Modを入れて世界をなめらかにする方法!

マイクラといえば四角いブロックで造られた世界ですが、「No Cubes」Modを入れることでワールドのブロックがなめらかになり、リアルな世界に近付きます!マイクラ1.14.4に「No Cubes」Modを導入する手順をご紹介します。

Mod「No Cubes 」とは

No Cubes」は、マイクラのブロックの形状を変えてなめらかな世界にしてくれるModです。四角いワルールドには飽きた、という人におすすめです。影Modと併用するとより世界がリアルになりますが、影Modは重いのでノートPCの場合は単独での導入が良いでしょう。

洞窟のウォータースライダー

対象バージョンと注意点

  • 2019年9月現在では、Minecraft1.14.4/1.13.2/1.12.2/1.7.10/1.7.2に対応しています。
  • 軽量化Mod「OptiFine」と競合する場合があります。
  • Modは、個人が配布している改造データになります。メーカーでは動作を保証していません。導入後に不具合が生じても自己責任になりますのでご注意下さい!

マイクラ1.12.2をインストールする方法

Minecraft1.12.2をインストールする手順は、下記の記事にまとめています。

上記の記事ではMinecraft Forge(フォージ)1.12.2を導入する方法まで紹介していますが、こちらの方法でMinecraft Forge1.12.2を導入するとエラーになりますのでMinecraft1.12.2をインストールする手順だけ参考にして下さい!

Minecraft Forge1.12.2を導入する方法

マイクラにModを入れるときに、中間管理ソフトの「Forge」を使用します。※OSはWindowsになります。

Forgeインストーラーをダウンロードする

Forge公式サイトのMinecraft Versionの「1.12」をクリックします。右下の「Download Latest 」にある「Windows Installer」をクリックすると、ダウンロードを開始します。

※Minecraft Forge1.12.2は、「Recommended」ではなく「Latest」をダウンロードしましょう!

forgeをインストールする画像2

ForgeをPCにインストールする

PCにダウンロードした「forge-1.12.2-14.23.5.2847-installse-win」をダブルクリックすると、Forgeのインストールが始まります。

forgeインストーラーの画像

「Install client」にチェックが入っているのを確認したら、「OK」をクリックします。

forgeインストーラーの画像2

もし、Javaのエラーメッセージが表示された場合は新しいバージョンのJavaをPCにインストールする必要があります。その場合は「OK」をクリックします。手順に添ってJavaをインストールして下さい。

Forge1.12.2(Latest)用の起動構成を作成する

「Forge」を複製してから編集してForge1.12.2(Latest)用の起動構成を作成します。Forge1.12.2の①3つの点をクリックして、②「複製」をクリックしましょう。

forgeをインストールする画像13

複製した「Forge(2)」を編集します。Forge(2)1.12.2の①3つの点をクリックして、②「編集」をクリックしましょう。

forgeをインストールする画像14

forgeのバージョンが分かるように、「Minecraft_forge 1.12.2(Latest)」と名前を変更しましょう。ゲームディレクトリの「参照」をクリックして、「Minecraft_forge 1.12.2(Latest)」の作成場所を指定します。

forge1.12.2起動構成の画像

PC>ローカルディスク>ユーザー>USER>AppData>Roaming>.minecraft>versions>

にある「forge1.12.2-14.23.5.2847」のフォルダーをクリックして、「OK」をクリックして「保存」をクリックします。

forge1.12.2フォルダー作成場所の画像

modプレイ用の新しいフォルダー「.minecraft_mod.1.12.2(Latest)」を作成します。再度同じ画面を開き、「参照」をクリックして「Roaming」をクリックして選択し、「新しいフォルダーの作成」をクリックしましょう。

※「Roaming」直下に「.minecraft_mod.1.12.2(Latest)」を作成します。作成場所を指定しないと、「.minecraft」フォルダーの中に作成されます。すると、modを入れたときに、マイクラの世界がクラッシュしてしまう可能性があります。

forgeをインストールする画像8

新しいフォルダーの名前を「.minecraft_mod.1.12.2(Latest)」に変更して、「OK」をクリックします。

forge1.12.2フォルダー作成場所の画像2

forge1.12.2(Latest)用のフォルダーが作成されました。以下のパスをエクスプローラーのアドレスバーへ入力してキーボードの「Enter」をクリックして確認しましょう。

C:\Users\USER\AppData\Roaming

「.minecraft」フォルダーとは別に「.minecraft_forge 1.12.2(Latest)」フォルダーが作成されているのが分かります。

forge1.12.2フォルダー作成場所の画像3

作成した起動構成で起動できるか確認する

マイクラのランチャーを起動して、「起動構成」をクリックします。

マイクラ1.12.2をインストールする画像

「Minecraft_forge 1.12.2(Latest)」を選択して「プレイ」をクリックします。

forge1.12.2(Latest)起動構成の画像

画面左下に「Forge 14.23.5.2847」と表示されれば成功です!

forge1.12.2(Latest)プレイ画像

「Single Player」をクリックして、「Create New World」をクリックします。

言語を日本語に設定する

言語が英語になっているので、日本語に変更します。地球儀のアイコンをクリックしましょう。

forge1.12.2(Latest)言語設定画像

スライダーを下にスクロールすると、「日本語」があるのでクリックして選択します。

forgeをインストールする画像23

「Done(完了)」をクリックしたいところですが、画面が重たくてクリックした地点で音楽が止まり、落ちてしまう場合があります。再起動すると日本語に変更されていますので、安心して下さい!

必要なフォルダーをダウンロードする

forge1.12.2(Latest)シングルプレイ画像

「シングルプレイ」をクリックして新規ワールドを作成し、少しプレイして終了しましょう。そうすることで、自動的に「minecraft_forge 1.12.2」のフォルダー内に各種フォルダーがダウンロードされます。

ゲームディレクトリのパス

C:\Users\USER\AppData\Roaming\.minecraft_mod.1.12.2(Latest)

をエクスプローラーのアドレスバーへ入力して、各種フォルダーがダウンロードされたか確かめます。失敗した場合は、フォルダーの中身は空っぽになります。

No Cubesをダウンロードする

No Cubesの公式サイトへアクセスして、下へスクロールしていくと「Download」の表示があるのでクリックしましょう。

no cubesのダウンロード画像

今回は、1.12の項目にある「Curse Forge」をクリックしました。Curse Forgeは、Modなどを公開できるサイトです。「Curse Forge」からダウンロードするか、または「Git Hub」からダウンロードするかということですね。

no cubesのダウンロード画像2
「Files」をクリックします。

no cubesのダウンロード画像3

「Download」をクリックするとダウンロードを開始します。PCの画面左下に、「この種類のファイルはコンピューターに損害を与える可能性があります。OptiFine_1.12.2_HD_U_E3.jarのダウンロードを続けますか?」とセキュリティ通告が表示される場合があります。自己責任で、「保存」をクリックして下さい。

no cubesのダウンロード画像4

No CubesをModフォルダに入れる

マイクラのランチャーを起動して、Minecraft Forge1.12.2(Latest)で利用しているプロファイルのパスを確認しましょう。「起動構成」をクリックします。

マイクラ1.12.2をインストールする画像

Minecraft Forge1.12.2(Latest)を選択して、メニュー(3つの点)をクリックして「編集」をクリックします。

マイクラランチャー起動構成の画像

ゲームディレクトリにプロファイルのパスが表示されています。パスをマウスでドラッグしてコピーしましょう。

マイクラランチャー起動構成の画像2

エクスプローラーを開いて、アドレスバーにプロファイルのパスを貼り付けてキーボードのEnterキーを押します。

エクスプローラーの画像

「mods」フォルダが表示されました。この中にダウンロードした「No Cubes」のjarファイルを入れます。

modsファイルの画像
ダウンロードした「No Cubes」のjarファイルを入れるには、エクスプローラーを2窓にします。エクスプローラーを開いた状態で、もう1つエクスプローラーを開くにはエクスプローラーのアイコンを右クリックして「エクスプローラー」をクリックします。窓を2つ並べて、「No Cubes」のjarファイルをドラッグしてmodsフォルダーの上へ重ねると「modsへ移動」と表示されます。ドロップすると、「No Cubes」のjarファイルがmodsファイルの中へ入ります。

ファイル移動の画像

※下の画像は、modsファイルに「No Cubes」のjarファイルが入った状態です。

ファイル移動の画像2

これで「No Cubes」の導入が完了しました!

Minecraft1.12.2(Latest)をプレイしてみよう

マイクラのランチャーを起動して、「起動構成」をクリックします。

マイクラ1.12.2をインストールする画像

Minecraft Forge1.12.2(Latest)を選択して、「プレイ」をクリックします。

forge1.12.2(Latest)起動構成の画像

シングルプレイ」を選択して、新しいワールドを作成してプレイしてみましょう!

no cubeの画像

おおっ!!世界がなめらかになってる・・!

地面を掘ってみた画像

溶岩も雰囲気変わりますね。

地面を掘ってみた画像

洞窟のウォータースライダーを作ってみました!

洞窟のウォータースライダー

マウスを地面に重ねると、ブロックの面影が残っているのが分かります。

キューブの面影の画像

No Cubesでもキューブ状なのは

太陽は、「No Cube」Modを入れても四角のままでした。

四角い太陽の画像

木は見かけはブロックです。もちろん、中身もブロック。

木を切ってみた画像

No Cubesだと隙間ができる

下の画像では、窓と柱が浮いているように見えます。本来なら、砂ブロックでブロック状に砂が充填されているものが「No Cubes」のせいでスカスカになっています。これはこれで「不思議な建物」で面白いかもしれません;

砂の画像

まとめ

「No Cube」は、マイクラのブロックをなめらかな状態にしてリアルに近付けてくれるModです。しかし、「木」「太陽」「雲」「動物」「村人」のように、キューブ状のままのブロックも存在します。No Cubeの効果を一番感じることができるのは、「土ブロック」「草ブロック」「砂ブロック」などの地面のなめらかさです。地面を掘って洞窟を作るのもおすすめですよ!

フォローしてくれたら嬉しいです(*’-‘*)ノ