【無料】マインクラフトでプログラミングが学べる「Minecraft Hour of Code」に挑戦!

マイクラ

初心者でもパズル感覚でプログラミングができる「Hour of Code」にマイクラがあります!人気のディズニーキャラクターやアングリーバード・フラッピーなど大人も懐かしいゲームキャラクターが勢揃い。大人にもおすすめのプログラミング教材です。



Minecraft  Hour of Codeとは

初心者でもパズル感覚でプログラミング体験ができる「Hour of Code」は、Code.org(コードオルグ)が提供しているオンライン教材です。1時間ほどのチュートリルでコンピューターサイエンス入門を学べるのが特徴です。

中でも人気のアクティビティは「Minecraft Hour of Code」。Nintendo SwitchやPlayStation・Wii Uなどで人気のソフト「マイクラ」のキャラクターが主人公です。Webサイト(Minecraft Hour of Code)にアクセスするだけで、インターネットに接続された環境であれば誰でも気軽に始めることが出来ます。



Minecraft Voyage Aquatic

Minecraft Voyage Aquaticには、12のミッション(パズル)が用意されています。ミッション11では、マイクラに新しく追加された「コンジット」が出てきますよ!

ミッション開始

12のミッションをクリアしていくと、パズルプログラミングのスキルが向上していきます。ブロックをワークスペースにドラッグして、コードを完成させましょう!
Minecraft Voyage Aquaticのエディター画面の画像

コードが完成したら、「実行」をクリックします。正解だと、キャラクターがジャンプして喜びます!かわいいですよ。

Minecraft Voyage Aquaticの画像

Minecraft アドベンチャー

Minecraft アドベンチャーには、14のミッション(パズル)が用意されています。Minecraft アドベンチャーのミッション13では、画面右下から家に向かってレールを敷いていくコードを書きます。

Minecraft アドベンチャーの画像

コードが成功するとSteve(スティーブ)がトロッコに乗って楽しそうにやってきます。



Minecraft デザイナー

Minecraft デザイナーには、12のミッション(パズル)が用意されています。ミッション7では、クリーパーを爆発させてブロックを破壊して、羊の所へ行きます。

Minecraft デザイナーの画像

プレイヤーがクリーパーの近くに居ると死んでしまうので、素早く離れましょう!Minecraft アドベンチャーよりは自由度の高いミッションになっています。大まかなゲームキャラクターのプログラミングが学べます。

Minecraft 主人公の旅

Minecraft 主人公の旅には、12のミッション(パズル)が用意されています。ミッション10では、レールを完成させるとSteve(スティーブ)がトロッコに乗ってアイテムをGet出来ます!

Minecraft アドベンチャーとの違いは、Agent に作業をさせるところと「関数」を使ってコードを短縮することを学ぶところです。

Hour of Code のディズニー版も人気!

Hour of Codeには、「アナとエルサとコードを書く」や「モアナと伝説の海」、「インフィニティプレイラボ」などディズニーキャラクターがモチーフのアクティビティがあります。「モアナと伝説の海」と「インフィニティプレイラボ」はシンプルな問題なので、幼児~小学校低学年におすすめです。「アナとエルサとコードを書く」は、5年生の算数「多角形」が体験できます。大人が挑戦しても面白いですよ。

Hour of Code ディズニーの画像

アナとエルサとコードを書く

「アナとエルサとコードを書く」には、20のミッション(パズル)が用意されています。算数の図形をコードで書く基本的な考えが学べます。ミッション12では、ひし形を10こ描きます。

アナとエルサとコードを書くの画像

角度や割り算などを活用して、ミッションをクリアしたときには綺麗な図形が完成するので達成感がありますよ!アナと雪の女王の氷の世界に浸りながら、プログラミングが学べます。

Hour of Code のScratchとは

スクラッチで飛ばす

スクラッチで飛ばすの画像

Scratchで飛ばす」※は、教育用言語Scratchでプログラミングをするアクティビティです。今までのようにミッション形式のパズルプログラミングではなく、Scratchのエディターを使用して命令ブロックを組み合わせてプログラミングをします。More resourcesの「教師のノート」のリンク先にpdfテキストがあるので、見ながらプログラミングしていきましょう・・と言いたいところですが、テキストが英語なので下記を参考にしてみて下さい。

【ビルのコード】

ビルのコードの画像

ビルのx座標が-5ずつ動くことで、スクラッチキャットが飛んでいるように見えます!

スクラッチキャトとビルのGIF画像

ここから、ビルのコスチュームが変化するようにしたり、ハートをキャッチしたら点数が入るようにアレンジしてみようといった文章が書かれています。この内容は、Scratchチュートリアルの「キャラクターを飛ばそう」と同じものです。ハートに触れたら点数が入るようにするには、変数を使用します。(コードなどはこちら(筆者筆者Scratchアカウント)

※Hour of Codeの「Scratchで飛ばす」は、リンク先(「多くの言語用のアクティビティを表示します」)の下の方にあります。

 大人向けの「Hour of Code」

パズル感覚でプログラミング体験ができる「Hour of Code」は、子どもだけではなく大人にもおすすめです。大人でも楽しめるアクティビティが多数用意されていますが、中でも人気のアクティビティをご紹介します。

Classic Maze(アングリーバード)

アングリーバードは、フィンランド発のモバイル向けアクションパズルゲームです。シンプルで直観的に操作できることから、ヨーロッパやアメリカ、中国など世界中で絶大な人気を誇っています。「Classic Maze(古典的な迷路)」は、赤い鳥のアングリーバード(レッド)をブタまで導くアクティビティです。条件ブロックやリピートブロックを使って、効率よくアングリーバードをブタまで導きましょ

Classic Maze(アングリーバード)の画像

フラッピーゲームを作る

フラッピーゲームを作る」は、黄色い鳥のフラッピーのゲームを作るアクティビティです!10のミッションがあります。当たり判定や背景が変わるプログラム、点数が入るプログラムなどゲーム作りの基礎が学べます。

フラッピーゲームを作るの画像

コーディングアドベンチャー(CodeMonkey)

コードモンキーは、おさるのモンタがゴリラに奪われてしまったバナナをゲットできるようにプログラミングしていくアクティビティです。プログラミング言語の「CoffeeScript」を使用するので、ブロックプログラミングから卒業したい人におすすめです。

コーディングアドベンチャー(CodeMonkey)の画像

どうすれば、モンタが障害物をよけてバナナをゲットできるか考えながらコードを作成していきます。コードが完成したら、画面右下の「RUN!」をクリックすると左のステージに反映されます。キーボードでコードを入力することもできますが、画面下のボタンと数字を組みあわせてもOKなのでプログラミング言語初心者でも簡単にコードが作成できます。

Code Combat

コードコンバットは、コンピューター言語のJavaScript・Python・Lua・CoffeeScriptに対応しています。壁の針にぶつからないように宝石を集めます。まずは、イベントリで装備を装着します。アイテムをダブルクリックして装備を装着しましょう(宝石を集めることで新しい装備が購入でます)。

Code Combatの画像

装備が完了したら、「ゲームスタート」をクリックしましょう。最初のミッションは、

  • 壁のトゲをよける
  • 宝石を集める

になります。目標を確認したら、「レベルスタート」をクリックします。ステージの画面を見ながら、右の画面にコードを打ち込んでいきます。

Code Combatの画像2

「実行」をクリックすると、左の画面のヒーローがコード通りに動きます。壁のトゲに当たらず、宝石をget することが出来ました!

Code Combatの画像3

ミッションをクリアしたら「完了」をクリックします。リザルトが表示されて、プレイヤーレベルがアップしてジェムを獲得出来ます。

Code Combatの画像4

コードコンバットは、かなり本格的にプログラミング言語が学べますが、途中からは有料になります。本家のCode Combaへログインすれば、同じアカウントで他のダンジョンもプレイできます。

まとめ

Hour of Codeは1時間ほどで学習が終わるので、達成感を感じますよ!子どもだけではなく、大人のプログラミング学習の入門に利用するのもおすすめです。それぞれのアクティビティでレベルが異なるので、自分のレベルに合ったものを選択するのがポイントです。楽しく継続できるHour of Codeを利用しないのはもったいない!今すぐにでも始めましょう。(^o^)/