マイクロビット2台で無線通信してみたよ!

microbit

micro:bit(マイクロビット)には無線機能があるので、マイクロビットからマイクロビットへデータを送受信することができます。この機能を使えば、マイクロビット2台を使ってラジコンを作ることも可能です!夢が広がりますね。

「micro:bitではじめるプログラミング」レビュー

マイクロビット初心者向けの本「micro:bitではじめるプログラミング」を購入しました。「マイクロビットって何?」というところから説明してくれているので、マイクロビット初心者でも分かりやすい内容になっています。

microbitではじめるプログラミングの表紙の画像

初心者でも、5ステップでマイクロビットが分かる!

マイクロビットの基本を知ろう

マイクロビットの各部の説明や基本的な使い方が紹介されています。簡単なプログラムの作成の仕方からシミュレーターの使い方、プログラムをマイクロビットにダウンロードする方法など一通りの操作を習得できます。

マイクロビットの機能を知ろう

具体的な作例を通して、マイクロビットの使い方をより深く知ることができます。「ラブメーター」「じゃんけんゲーム」「コンパス」などはプロジェクトでも紹介されていますが、より分かり易く解説されています。他にも、「通信する」「温度計を作る」「照度計を作る」などの作例が収録されています。

マイクロビットで作品を作ろう

この章では、マイクロビットと身近な材料を使って「光るテルミン」という楽器を作ったり、「リアクションゲーム」や「エレキギター」を作る方法が紹介されています。小学生が喜びそうな作品だなという印象を受けました。

モジュールで作品を作ろう

高度なマイクロビットの作品を作りたいときは、「モジュール」を使います。モジュールとは、マイクロビット本体にネジなどで繋ぐ電子基板になります。

  • 電池モジュール
  • スピーカーモジュール
  • LEDモジュール
  • テープLEDモジュール
  • 回転サーボモーターモジュール
  • サーボモーターモジュール

など、作りたい作品に合わせてモジュールを選択しましょう。

マイクロビットで学ぼう

最後の章は、マイクロビットを学校や家庭で役立てるアイディアが紹介されています。「植物の成長と光の関係」をテープLEDを利用して実験するなど、マイクロビットtの教育への取り入れ方はこれから試行錯誤してどんどん増えていくことでしょう。2~3年後には、マイクロビットは私たちの生活の身近なところに存在しているのでしょうね。

マイクロビット2台で無線通信してみた

2章にある「micro:bitどうしで通信する」を試してみました。

1.送信側のプログラムを作成する

無線通信をするには、送信側・受信側専用のプログラムが必要です。同じ無線グループに設定することによって、関連付けを行います。はじめに送信側のプログラムを作成するので、「送信」とプログラムの名前を付けておきましょう。

無線(送信)のコードの画像

これで、送信側のプログラムは完成です。「送信」のプログラムをダウンロードして、送信側のmicro:bit(マイクロビット)にプログラムを転送します。プログラムを転送する方法はこちらの記事で解説しています。

2.受信側のプログラムを作成する

受信側のプログラムは、送信側のプログラムよりも少し複雑です。マイプロジェクトの「新しいプロジェクト」から、受信側のプログラムを作成しましょう。新しいプロジェクトの名前を「受信」とします。

これで、受信側のプログラムも完成です。お疲れ様でした!

3.シミュレーターで確認する

マイクロビットが2台無くても、シミュレーターでプログラムが正常かどうか確認することが可能です。確認のために、同じプログラミングエリアに送信側のプログラムと受信側のプログラムの両方を置く必要があります。受信側より送信側のプログラムのほうが短いので、先ほどの受信側のプログラムに送信側のプログラムを追加しました。シミュレーターの「A」をクリックしてみます。Aボタンをクリックするとシミュレーターにmicro:bitがもう1枚追加されるので、もう1度Aボタンをクリックしてみましょう。送信側のAボタンをクリックすると、無線マークが光ります。すると、受信側のLEDが「0」と表示されます。

4.プログラムをダウンロードしよう

マイクロビットにプログラムをダウンロードしましょう(送信側のマイクロビット・受信側のマイクロビットそれぞれにダウンロード)。シミュレーションするために受信側に追加した送信プログラムは、ダウンロードする前に削除しておきます。

5.マイクロビットで無線通信してみよう

送信プログラムをダウンロードしたイエローのマイクロビットのAボタンを押すと、受信プログラムをダウンロードしたブルーのマイクロビットのLEDに「0」と表示されます。これは面白い・・!!

マイクロビット無線通信のGIF画像

5m以内の範囲なら無線通信が可能

マイクロビットの無線機能は、近距離でなくても通信ができます。試しに、家の中で受信用のマイクロビットを1階に置いて2階から送信用のマイクロビットのAボタンをクリックしてみましたが、正常に動作しました。受信用のマイクロビットを室内に置いて家の外に出て送信用のマイクロビットのAボタンをクリックしてみましたが、こちらも無線通信が成功しました。これはとても面白い実験です!

マイクロビットは1台2千円と安いものではありませんが、親子でマイクロビットを使ってプログラミングの楽しさを学ぶ教材としては2台4千円で購入する価値のあるものだと思います。たとえば、受信用のマイクロビットを誕生日の人に渡して「HAPPY BIRTHDAY!」のメッセージを送るのも良いですよね。マイクロビットをもう1台購入するなら、「micro:bit はじめてセット (microbit/ケース/USBケーブル/電池ボックス/教本」に

  • 拡張用コネクター
  • 超音波センサー
  • スピーカー
  • ワニ口クリップ

が付いてるmicro:bit アドバンスセットがお得です。(*^_^*)