【マイクロビットでプログラミング】LEDがめっちゃ綺麗!「ZIP Halo」を試してみた

マイクロビットでLEDを使うモジュールがないか探してみたところ、「ZIP Halo」という商品を見つけました。虹色に光ながら回転するZIP Haloを紹介します。




マイクロビットのLEDモジュール

micro:bit(マイクロビット)の周辺機器キッドをいろいろ試してみた結果、LEDを使ったプロジェクトが一番面白かったです。そこで、LEDを使うマイクロビットのモジュールがないか探してみたところ、「ZIP Halo」という商品を見つけました。リングになっている部分に24個のフルカラーLEDが付いているモジュールです。

 

準備するもの

ZIP Halo for the BBC Microbit の他に、

  • micro:bit(マイクロビット)
  • micro:bit用電池ボックス
  • micro:bit用USBケーブル

が必要です。

ZIP Haloを組み立てよう

You Tubeの動画を参考に組み立てました。マイクロビットZip Halo for the BBC Microbitを組み合わせます。裏側からドライバーを使って、5本のねじでしっかりと固定しましょう。モジュールに「ON」「OFF」のスイッチがあるので、「OFF」にしておきます。

Zip Haloの組み立て方の画像1

マイクロビット用電池ボックスを接続します。

Zip Haloの組み立て方の画像2

Neopixelのパッケージを追加しよう

MakeCodeエディターでプログラミングしていきます。まずは、「Neopixel」のパッケージを追加します。「高度なブロック」をクリックしてから、「拡張機能」をクリックします。

Grove PXT パッケージを追加する方法の画像

拡張機能の「neopixcel」を選択してダウンロードしましょう。

拡張機能の「neopixcel」を選択している画像

コードを作成しよう

24個のフルカラーLEDがレインボーパターンに光るプログラムです。LEDの色が1個分ずつズレていきます。

Zio Halo のコードの画像

シミュレーターを確認してみよう

LEDが虹色に光って流れているようです。プログラムが完成しました!

Zip Haloのシミュレーターの画像

プログラムをダウンロードしよう

作成したプログラムに名前を付けて、ファイルをパソコンにダウンロードします。マイクロビットにプログラムを転送しましょう。黄色い点滅が点灯に変わったら送信完了です。

スイッチをONにしてみよう

モジュールのスイッチをONにすると、レインボーカラーがクルクルと回転します。

ZipHello回転GIF画像

振ってみると綺麗です。^^

眩しすぎて、目が潰れそう。(((*>д<*)))

フォローしてくれたら嬉しいです(*’-‘*)ノ