【マイクロビット工作】microbitと100均材料で「コンパス(方位磁石)」を作ろう

microbit

マイクロビットに搭載されている磁気センサーを利用して、コンパス(方位磁石)を作成する方法を紹介します。100均のマグネットケースと厚紙工作で、簡単にコンパスができますよ!

マイクロビットでコンパス(方位磁石)を作ろう

マイクロビットには、地磁気センサーが搭載されています。地磁気センサーが方角を検知するとき、「東(E)」「西(W)」「南(S)」「北(N)」とは表示されず、数値で示します。この数値を検出したときに、マイクロビットのELDに「E・W・S・N」と表示されるようにプログラムを組んでいきます。

  • 北 0°
  • 北東 45°
  • 東 90°
  • 南東 135°
  • 南 180°
  • 南西 225°
  • 西 270°
  • 北西 315°

と示されるので、方角(数値)が

  • もし「45°」より大きいまたは「315°」より大きいなら
  • でなければもし「135°」より小さいなら
  • でなければもし「225°」より小さいなら
  • でなければ西

となります。

コンパスのコードは?

マイクロビット JavaScript ブロック エディタを使ってプログラムを作ります。マイクロビットのサンプルプログラムにコンパスのコードがありるので簡単にできますよ!このプログラムとダイソーで売っているマグネットケースを使って、コンパスを作ります。

北(N)を表示するコードを作成しよう

コンパスが北を向いたらマイクロビットに「N」と表示するプログラムです。地磁気センサーの数値が北東(45°)~北西(315°)のときに「N」と表示します。

マイクロビットコンパス「北」のコードの画像

東(E)を表示するコードを追加しよう

コンパスが東を向いたらマイクロビットに「E」と表示するプログラムです。地磁気センサーの数値が135°より小さいときに「E」と表示します。「もし~なら・・でなければ~」というブロックは、ブロック左下の+をクリックすると現れます。もう一度プラスのアイコンをクリックすると、「もし~なら・・でなければもし~なら・・でなければ~」というブロックになります。

マイクロビットコンパス「東」のコードの画像

南(S)を表示するコードを追加しよう

コンパスが南を向いたらマイクロビットに「S」と表示するプログラムです。もう一度+のアイコンをクリックしてブロックを編集します。北でも東でもなく、地磁気センサーの数値が225°より小さいときに「S」と表示します。

マイクロビットコンパス「南」のコードの画像

西(W)を表示するコードを追加しよう

コンパスが西を向いたらマイクロビットに「W」と表示するプログラムを追加します。「N」でも「E」でも「S」でもなかれば「W」であるというプログラムを作成します。

マイクロビットコンパス「西」のコードの画像

シミュレーターで確認してみよう

マイクロビットを回転させる代わりに、矢印を回転して確認します。

マイクロビットコンパスのGIF画像

プログラムをマイクロビットに転送しよう

「コンパス」とタイトルを付けてから、プログラムをパソコンにダウンロードします。ダウンロードが完了したら、プログラムをマイクロビットに送信します。プログラムを転送する方法はこちらの記事で解説しています。

コンパスを試してみよう

やや反応が不安定な気がしますが;コンパスの役割を果たしています!

マイクロビットコンパスの画像

100均のマグネットケースと組み合わせると本格的!

ダイソーで売ってるマグネットケース、コンパスみたいではありませんか?これが、マイクロビットと電池ボックスの収納にピッタリなんです!マグネットケースの中でマイクロビットが動かないように、黒のビニールテープで固定しておきます。それをマグネットケース本体に入れて、蓋の大きさに合わせて黒の画用紙をチョキチョキ。マイクロビットのLEDが見えるようにしてマイクロビットの上にかぶせます。

マイクロビットコンパス工作の画像

蓋を閉めれば完成です。材料があれば、5分ほどで完成しますよ!(*^o^*)

気軽に持ち運び・・という感じではありませんが、マイクロビット導入の工作としてはおすすめです!

micro:bit はじめてセット (microbit/ケース/USBケーブル/電池ボックス/教本」は、microbit初心者さんにおすすめのセットです。

こちらのセットにプラスして、

  • 拡張用コネクター
  • 超音波センサー
  • スピーカー
  • ワニ口クリップ

が付いてるmicro:bit アドバンスセットならマイクロビットで「できること」が増えますよ!