マスクの裏表は?「紐が付いているほうが裏」は間違い!マスクの正しい付け方

プリーツ(ひだ)のあるマスクは、「紐が付いているほうが裏」と思っていませんか?でも、メーカーによっては「紐が付いているほうが表」ということもあるんです!マスクの裏表の見分け方と、マスクの正しい付け方をご紹介します。




マスクの裏表の見分け方

プリーツのあるマスクは、ノーズワイヤー(ノーズピース/ノーズフィッター)が入っているほうが上です。

ノーズワイヤー入プリーツマスク

では、裏表はどうでしょう?私は、以前は「紐が付いているほうが裏」と思っていました。しかし、これは間違いだったのです…!!たとえば、下の2つのマスクは

  • 上のマスクの紐は裏
  • 下のマスクの紐は表

に付いています。しかし、2つのマスクはどちらも表なのです。(紐を表に付けるか裏に付けるかは、メーカーによって異なります。)紐を表に付ける意図は、マスクと顔をより密着させるためです。また、紐とマスクの接着面が顔に当たって痛くなるのを防ぐ目的もあります。

マスクの紐の位置と裏表

マスクの表裏は、「紐がどこに付いているか」ではなく、「プリーツの向き」で判断します!プリーツ(ひだ)が下に向いているほうが表になります。

マスクの表裏

マスクを裏のまま付けていると?

プリーツ(ひだ)が上向きのまま付けると、空気中に漂っているホコリや花粉がプリーツの隙間に侵入してしまいます。そのまま家までホコリや花粉を持ち帰ってしまうことになりますよ。

プリーツマスク(横)逆

マスクの正しい付け方

  1. 手を洗ってから、プリーツマスクの上下をつまんでプリーツ(ひだ)を広げます。

プリーツマスクを広げる

  1. マスクの紐を両耳にかけて、ノーズワイヤーを鼻の形状に合わせます。

マスクの正しい付け方

  1. プリーツを顎(あご)が隠れる長さになるまで伸ばします。

マスクの正しい付け方2

プリーツのひだを、頬の曲線に合わせておきましょう。

マスクの誤った付け方

せっかくマスクを付けていても、誤った付け方をしていると効果がありません。以下のようなマスクの付け方はNGです!

ノーズワイヤーと鼻/マスクと頬(ほほ)の間に隙間がある

マスクの隙間

鼻がマスクから出ている

鼻がマスクから出ている

マスクを顎(あご)にかけている

マスクを顎にかける

マスクの外し方

マスクの表側には、ウイルスや花粉が付着しています。絶対に触らないようにしましょう。

  1. 紐を持ってマスクを外します。
  2. マスクをビニール袋に入れて袋の口を閉じてゴミ箱へ捨てましょう。
  3. マスクを外した後は、手をしっかり洗います。

マスクのサイズの選び方

一般財団法人日本衛生材料連合会が推奨しているマスクのサイズの選び方をご紹介します。サイズの大きいマスクを付けていると、

  • ノーズワイヤーと鼻の間
  • マスクのプリーツと頬(ほほ)の間

に空間が生まれ、そのすき間からウイルス花粉が侵入してしまいます。自分のサイズに合ったマスクを付けるようにしましょう。

  1. 親指と人差し指をL字型にします。

親指と人差し指をL字型

  1. 親指の先を耳の付け根の一番高いところに、人差し指の先を鼻の付け根から1cm下の位置に当てます。

マスクサイズ

  1. 親指の先から人差し指の先までの長さを定規で測ります。

指と長さ

測った長さが

  • 9~11cm→子供用サイズがおすすめ
  • 10.5~12.5cm→小さめサイズがおすすめ
  • 12~14.5cm→ふつうサイズがおすすめ
  • 14cm以上→大きめサイズがおすすめ

引用:一般財団法人日本衛生材料連合会

 まとめ

マスクの裏と表を知っているのと知らないのでは、効果に違いが出てきます!正しくマスクを付けて、効果を最大限に発揮させましょう。自分に合ったサイズのマスクを選ぶことも、マスクと顔にすき間が出来ないようにするための大切な要素です。ぜひ、家族や周りの人にも正しいマスクの付け方を教えてあげましょう。