【inkscapeの使い方】インクスケープで文字を修飾する方法(太字/斜め/テキストパス/縁取り)

inkscape(インクスケープ)で文字を「太字」「斜め」「フチ文字」にする方法をご紹介します。文章を波上やアーチ状にしたりと「テキストパス」に沿わせたりと自由自在に文字を変形してみましょう。

inkscapeで文字を入力する方法

inkscapeで文字を入力するには、「テキストツール」を使用します。文字を入力するには、

  1. 「文字を入れたい箇所にカーソルを当てて(マウスでクリックして)」文字を入力する方法
  2. 「文字を入力する範囲を指定」してから文字を入力する方法

の2種類あります。

「文字を入れたい箇所にカーソルを当てて」文字を入力する方法

  1. テキストツールのアイコンをクリックして②フォントフォントスタイルフォントサイズを選択します。⑤文字を入力したい箇所をクリックしましょう。

inkscape文字入力画像1

  1. 文字を入力したら、キーボードの「Enterキー」を押します。

inkscape文字入力画像2

Enterキー」で文字を確定すると、

  • フォント
  • フォントスタイル
  • フォントサイズ

が反映されます。

inkscape文字入力画像3

「文字を入力する範囲を指定」してから文字を入力する方法

任意のサイズのテキストフレームを作成してから、文字を入力することも可能です。範囲からはみ出る文字は、テキストフレームの幅に合わせて自動的に折り返してくれます。

  1. テキストツールのアイコンをクリックして、②マウスをドラッグして「文字を入力する範囲を指定」します。

inkscape文字入力画像4
青い枠がテキストフレームです。(下の画像だと紫~灰色に見えますね;)

inkscape文字入力画像5

  1. キーボードでテキストを入力します。文字を入力してら、「Enterキー」で確定しましょう。

inkscape文字入力画像6

テキストフレームが赤くなっているときは、テキストフレームが小さくて文字が入りきれない状態です。テキストフレームをもう少し大きくしてみましょう。

  1. テキストフレームハンドルを左クリックしたまま、斜め下の方向へドラッグして範囲を広げます。

inkscape文字入力画像7

文字が全てテキストフレームの内部へ挿入されました。テキストフレームが、赤色から青色に変わっています。

inkscape文字入力画像8

改行の位置を変更する場合は、改行したい箇所にカーソルを当てます。(マウスで左クリックします。)

inkscape文字入力画像9

キーボードの「Enterキー」押せば、改行の完了です。

inkscape文字入力画像10

inkscapeで文字を太字にする方法

inkscapeで文字を太字にするには、「フォントスタイル」のプルダウンメニュー▼をクリックして「Bold(太字)」をクリックします。しかし、全てのフォントにフォントスタイル「Bold(太字)」が用意されているわけではありません。

  • フォントスタイル「Bold(太字)」がある場合
  • フォントスタイル「Bold(太字)」が無い場合

の文字を太くする手順をまとめました。

「フォントスタイル」に「Bold(太字)」があるフォント場合

①太字にしたい文字を選択して、②「Bold(太字)」をクリックします。

inkscape太字にする画像1

選択した文字が太字になりました。

inkscape太字にする画像2

「フォントスタイル」に「Bold(太字)」が無いフォント場合

フォントスタイル」のプルダウンメニュー▼をクリックしても、フォントスタイル「Bold(太字)」が表示されないフォントがあります。「フォントスタイル」に「Bold(太字)」が無い場合は、テクストにストロークをつけて文字を太くしましょう。

inkscape太字にする画像3

  1. 太字にしたい文字を選択して、①「オブジェクト」をクリックしてから②「ファイル/ストローク」をクリックします。

inkscape太字にする画像4

  1. ①「単一色」をクリックして、②「RGB」をクリックします。「R」「G」「B」それぞれの数値が「0」になっているか確認しましょう。

inkscape太字にする画像5

  1. ①「ストロークのスタイル」をクリックして、②「」のプルダウンメニュー▲をクリックして幅の数値を上げます。

inkscapeで太字にする画像6

フォントスタイル」に「Bold(太字)」が無くても、テクストにストロークをつけることで文字が太字になりました。

inkscape太字にする画像7

inkscapeで文字を斜めにする方法

inkscapeで文字を斜めにするには、「フォントスタイル」のプルダウンメニュー▼をクリックして「Italic(斜め)」をクリックします。しかし、全てのフォントにフォントスタイル「Italic(斜め)」が用意されているわけではありません。

  • フォントスタイル「Italic(斜め)」がある場合
  • フォントスタイル「Italic(斜め)」が無い場合

の文字を斜めにする手順をまとめました。

「フォントスタイル」に「Italic(斜め)」があるフォント場合

①太字にしたい文字を選択して、②「Italic(斜め)」をクリックします。

inkscapeで文字を斜めににする画像5

文字が斜めになりました。

inkscapeで文字を斜めににする画像6

「フォントスタイル」に「Italic(斜め)」が無いフォント場合

フォントスタイル」のプルダウンメニュー▼をクリックしても、フォントスタイル「Italic(斜め)」が表示されないフォントがあります。「フォントスタイル」に「Italic(斜め)」が無い場合は、選択ツールを使って文字を斜めにしましょう。

inkscape太字にする画像3

  1. ②「選択ツール」をクリックして、②「斜めにしたい文字」を選択します。このときのハンドル(赤○で囲ったやじるし)は、伸縮用になっていることを確認します。

inkscapeで文字を斜めにする画像1

  1. 選択した文字をもう1度クリックして、ハンドル(赤○で囲ったやじるし)が回転・傾斜用になっていることを確認します。

inkscapeで文字を斜めににする画像2

  1. 下図の4つは、傾斜用のハンドルです。上下左右にマウスでドラッグすることで、文字を斜めにすることができます。

inkscapeで文字を斜めににする画像3

inkscapeでテキストをパス上に沿わせる方法

文字を一直線上ではなく、パスの曲線に合わせて配置することができます。

  • テキストを波型のパス上に沿わせる
  • テキストをアーチのパス上に沿わせる
  • テキストを曲線のパス上に沿わせる

など、配置を自由に変更できます。

①「テキストツール」をクリックして、②文字(テキスト)を入力します。③「フォント」「フォントスタイル」「フォントの大きさ」を選択して、④文字(テキスト)の色を選択しましょう。

inkscapeでテキストをパスに沿わせる画像1

  1. テキストを、アーチ状のパスに沿わせてみます。まずは、「ペンツール」を使って、アーチ状のパスを作成します。「ペンツール」をクリックして、キャンバス上の好きな箇所をクリックします。(スタート地点)マウスを斜め上に向かってドラッグして、一直線を描きましょう。一直線が描けたらマウスから手を離します。

inkscapeでテキストをパスに沿わせる画像2

  1. マウスから手を離すと、ハンドルが出てきます。アーチの終点をクリックしましょう。赤い線が、アーチ状の線になります。

inkscapeでテキストをパスに沿わせる画像3

  1. アーチの終点(パスの終点)ダブルクリックすると(EnterキーでもOK)、パスの操作完了です。

inkscapeでテキストをパスに沿わせる画像4

  1. 選択ツール」をクリックして、Shiftキーを押しながらテキストとパスを選択します。(複数選択できるようになります。)

inkscapeでテキストをパスに沿わせる画像5

  1. ①「テキスト」をクリックして、②「テキストをパス上に配置」をクリックします。

inkscapeでテキストをパスに沿わせる画像6

テキストパス上に沿わせることができました。

inkscapeでテキストをパスに沿わせる画像7

inkscapeで文字を縁取りする方法

文字のフィル(文字の中)ストローク(文字のフチ)の色を変えて、ストロークの幅を太くすることでフチ文字が作れます。

  1. ①「テキストツール」をクリックして、②文字を書きます。

inkscapeでフチ文字を作る画像1

  1. フィルの色を変えるには、画面下の「カラーパレット」をクリックします。フィルを青色にしてみます。画面左下のフィルも青色になります。デフォルトでは、ストロークに色が付いていません。

inkscapeでフチ文字を作る画像2

  1. ストロークの色が無色になっているので、色を付けます。①「Shiftキー」を押しながらカラーパレットをクリックしましょう。今回は、ストロークをオレンジにしてみます。②ストロークにオレンジ色が付きました。

inkscapeでフチ文字を作る画像3

ストローク(文字のフチ)に色が付きましたが、フチの幅が狭いので目立ちません。次は、ストロークの幅が太くなるように調整します。

  1. ①「フィル・ストローク編集のアイコン」をクリックして、②「ストロークのスタイル」をクリックします。③ストロークの幅を入力して(数値を大きくして)、④「×」をクリックしましょう。

inkscapeでフチ文字を作る画像4

ストロークがフィルの上になっているので、ストロークがフィルの下になるように調整します。

  1. 「順番」の「Stroke,Fill,Markers」をクリックします。

inkscapeでフチ文字を作る画像5

これで、フチ文字の完成です。

inkscapeでフチ文字を作る画像6

ストロークの幅を「5mm」に変更してみました。だいぶ印象が変わりますね。

inkscapeでフチ文字を作る画像7

まとめ

inkscapeは、文字を簡単に「太字」「斜め」「フチ文字」にしたり文章をテキストパスに沿わせることで好きな配置にすることができます。文字を自由自在に変形することで、デザインの幅が広がりますね。「フチ文字」はロゴ作成にも使えるのでぜひ覚えておきたいスキルです!
 

【関連記事】