【Makecode for Minecraft】をダウンロードしてインストールする方法

マインクラフト(Windows10版)でプログラミングができる「Makecode for Minecraft」をダウンロードする方法と、プログラミング環境を設定する方法を紹介します。

Makecode (メイクコード)とは

Microsoft Makecodeは、Microsoftが開発したブロック型のプログラミング環境です。ビジュアルプログラミングなので、コードを入力しなくても「命令ブロック(コマンド)」をマウスでドラッグ&ドロップだけでマイクラの世界をプログラミングすることができます。ビジュアルプログラミングになれたらプログラミング言語の「JavaScript(ジャバスクリプト)」でプログラミングすることもできるので、ビジュアルプログラミングから本格的なプログラミング言語へ移行したい人にもおすすめです。

【動作環境】

Windows10

【用意するもの】

・Minecraft for Windows10
・Code Connection for Minecraft(無料)

Code Connection for Minecraft(コードコネクション・フォー・マインクラフト)とは

Code Connection for Minecraftは、プログラミングプラットフォームとゲームを接続するアプリケーションです。Windows10版マインクラフトをインストールしてから実行することで、Makecode(プログラミングプラットフォーム)からWindows10版マインクラフト(ゲーム)をプログラミングできるようになります。

Makecode for Minecraft を導入する手順

Makecode for Minecraftを始めるには、

  1. Windows10版マインクラフトを購入する
  2. Windows10版マインクラフトをPCにインストールする
  3. Windows10版マインクラフトのチートを「on」にする
  4. Code Connection for Minecraftをインストールする

必要があります。

Makecode for Minecraftでプログラミングする手順は、

  1. Windows10版マインクラフトを起動する
  2. Code Connection for Minecraftを起動する
  3. Windows10版マインクラフトCode Connection for Minecraftを接続する

になります。

Windows10版マイクラをPCにインストールしよう

Microsoft StoreでWindows10版のマイクラを購入します。

Microsoft StoreのWindows10版のマイクラの画像

インストールが完了すると、「起動」するか「スタートにピン留め」するか選択できるようになります。スタートにピン留めして、Code Connection for Minecraftのインストールに進みましょう。

Code Connection for Minecraft をダウンロードしよう

Microsoft Storeへアクセスして、「入手」をクリックしてCode Connection for Minecraftダウンロードしましょう。

Code Connectionの画像

インストールが完了すると、「起動」するか「スタートにピン留め」するか選択できるようになります。スタートにピン留めしておきましょう。

Windows10版マイクラの設定をしよう

Minecraft を起動

  1. Windows10版のマイクラを起動します。「サインイン」をクリックしましょう。

Windows10マイクラのスタート画面の画像

  1. Microsoftアカウントでサインインしたら、「遊ぶ」をクリックしましょう。

Windows10マイクラのスタート画面の画像2

  1. ①「世界」をクリックして、②「新しく作る」をクリックします。

Windows10マイクラで新しい世界を作る画像

  1. 世界を新しく作成」をクリックします。

Windows10マイクラで新しい世界を作る画像2

  1. ①「世界の名前」に好きな名前を入力して、②ゲームモード「クリエイティブ」を選択します。

Windows10マイクラで新しい世界を作る画像3

ゲームモードはデフォルトでは「サバイバル」モードになっていますが、敵が出現しない「クリエイティブ」モードにすることでプログラミングに集中できます!

  1. タブを下にドラッグするとチートの実行の「ON」「OFF」を切り替えるタブが表示されるので、①チートを「ON」にします。②「常に昼間」にしておきましょう。

Windows10マイクラで新しい世界を作る画像4

チートを実行」をオンにしておくことで、コマンドを入力するチャット画面が使えるようになります。また、「常に昼間」をオンにしておくことでプログラミングに集中できます。

  1. 他は、自分好みに世界を設定しましょう。設定が完了したら「作る」をクリックします。

Windows10マイクラで新しい世界を作る画像5

  1. マインクラフトが起動します。キーボードの「T」または「Enter」を押してチャットウィンドウを開いておきましょう。

マイクラチャット画面の画像

Makecode for MinecraftとCode Connection for Minecraftを連携しよう

  1. Code Connection for Minecraftを起動して、コマンドをコピーします。

code connectionの画像

  1. 起動しておいたWindows10版のマイクラのチャット欄に、①Code Connection for Minecraftのコマンドを貼り付けて②「リターンキー」をクリックします。

code connectionの画像2

画面左上に「サーバーの接続を確立しました」とメッセージが出れば成功です!

code connectionの画像3

  1. しばらくするとCode Connectionの開発者画面が表示されるので、「Make Code」をクリックします。

code connectionの画像4

  1. MakeCode」が起動しました。

MakeCodeの画面の画像

 MakeCode のチュートリアルに挑戦

MakeCode for Minecraftには、チュートリアルやたくさんのサンプルプログラムが用意されています。最初は、チュートリアルを始めるのがおすすめです。Makecodeの画面とマイクラの画面が両方見えるように、PCの画面を二窓にしましょう。コードを作成したら、マイクラのチャット欄にコマンドをキーボードで打ち込んで「リターンキー」をクリックすることでプログラムが実行されます。

二窓の画像

Agent moves エージェント・ムーブ

MakeCode for Minecraftでは、Agent(エージェント)と呼ばれるロボットに命令してプログラムをすることができます。さっそくプログラムでAgent(エージェント)を動かしてみましょう。

エージェント正面の画像

  1. チュートリアルの「Agent Moves」をクリックします。

 

MakeCodeの画面の画像2

  1. チュートリアルを開始」をクリックします。

Agent Movesの画像

  1. ①キーボードで「fd」と入力して、②「エージェント」タブをクリックします。③「エージェントを前に1ブロック移動させる」のブロックをドラッグ&ドロップして、数値を「1」から「5」に変更しましょう。

Agent Movesの画像2

これで、マイクラのチャット欄に「fd」と入力して「リターンキー」をクリックすると、エージェントが前に5歩進みます。

Agent Movesの画像3

エージェントが前に進みました。もし、エージェントを真上から見下ろしているような状況になっていたらマウスを動かしてプレイヤーの目線を変えましょう。

Agent Movesの画像4

続いてプログラミングするときは、マインクラフトからMakeCode for Minecraftエディター画面に戻る必要があります。マインクラフトの画面からMakeCode for Minecraftエディター画面に戻るには、キーボードの「T」を押しましょう。

Agent Build エージェント・ビルド

エージェントをプレイヤーの位置にテレポートさせて、エージェントが動いた場所へブロックを置かせるチュートリアルです。

 

MakeCodeの画面の画像3

サクサクとエージェントが仕事をしてくれます。これはなかなか楽しいですね!マイクラ好きの子どもなら、プログラミングに没頭すること間違いありません。

エージェント・ビルドのGIF画像

まとめ

Makecode for Minecraftは、導入が面倒なイメージがあるかもしれませんが、準備するものは
・Minecraft for Windows10
・Code Connection(無料)
だけなので、ぜひ試してみて下さいね。

 

チュートリアルからステップアップしたい人には、「できるパソコンで楽しむマインクラフトプログラミング入門 Microsoft MakeCode for Mi [ 広野忠敏 ]」がおすすめです。