microbit(マイクロビット)で「超音波距離センサー」を使ってみよう

超音波距離センサーは、超音波を発して物体との距離を検出するセンサーです。超音波距離センサーに10cm以上物体が近づくと、micro:bit(マイクロビット)のLED画面に表示されているニコニコ顔の表情が変わるプログラムをご紹介します。

超音波距離センサーとは?

Seed Studio(シードスタジオ)の「SeeedStudio Grove Inventor Kit for Micro:bit(マイクロビット周辺機器キッド)」の超音波距離センサーは、超音波を発して物体との距離を検出するセンサーです。

超音波距離センサーは、私たちの生活の中でも

  • トイレに入ると電気が付く
  • 蛇口に手をかざすと水が出る
  • 踏切で自動車を感知する
  • 車の障害物感知装置

など、身近な場所で使われています。

マイクロビットで超音波距離センサーを制御してみよう

超音波距離センサーに10cm以上物体が近づくと、マイクロビットのLED画面に表示されているニコニコ顔の表情が変わるプログラムを作ります。※Grove Inventor kid for microbitのマニュアル6に記載されているプロジェクトです。

用意するもの

  • Ultrasonic Sensor(超音波距離センサー)
  • シールド
  • マイクロビット

マイクロビットと超音波距離センサーのつなぎ方

マイクロビットをシールドに差し込んで、「P0 / P14」と超音波距離センサーを接続します。

マイクロビット用超音波距離センサーの画像

Grove モジュールを追加する方法

マイクロビットにGrove モジュールを繋げる場合は、MakeCodeエディターに「Grove PXT パッケージ」を追加する必要があります。①「高度なブロック」をクリックして、②「拡張機能」をクリックしましょう。

Grove PXT パッケージを追加する方法の画像

キーボードで「Grove」と入力して検索をかけます。「Grove」(画像左)をクリックすると、パッケージのダウンロードが始まります。

Grove-PXT-パッケージを追加する方法の画像2

コードを作成しよう

超音波距離センサーに10cm以上物体が近づくと、マイクロビットのLED画面に表示されているニコニコ顔の表情が変わるプログラムは、以下の通りです。

マイクロビット超音波距離センサーのコードの画像

プログラムをダウンロードしよう

先ほど作成したプログラムに名前を付けて、ファイルをパソコンにダウンロードします。マイクロビットにプログラムを転送しましょう。黄色い点滅が点灯に変わったら送信完了です!

超音波距離センサーを試してみよう

超音波センサーに物体が10cm以上近付くと、ニコニコ顔が悲しい顔に変わります。

マイクロビットと超音波距離センサーのGIF画像

ちょっと胸がキュンとなりますね。

まとめ

超音波距離センサーを使えば、障害物をよける車なども作れます。アイディア次第で使い方が広がりますね。Seed Studio(シードスタジオ)の「SeeedStudio Grove Inventor Kit for Micro:bit(マイクロビット周辺機器キッド)」には、超音波距離センサー以外にも

  • ボリューム
  • スピ-カー
  • 光センサー
  • ジェスチャーセンサー
  • 4桁ディスプレイ
  • 赤色LED
  • LED Strip

などMicro:bit専用モジュールがたくさん付いているので、いろいろ実験できますよ!

フォローしてくれたら嬉しいです(*’-‘*)ノ