息子とダンボール工作とビー玉の無限ループ【#お家にいよう #休校中の過ごし方】

新型コロナウイルス緊急事態宣言が出されている中でのゴールデンウィーク突入となりました。外出自粛が求められています。我が家には小学生が2人おりますが、4月23日から休校に。3月の休校のときはワタワタしていたのですが、2回目ともなると慣れも出てきました。子どもたちはさぞかし退屈してるだろう…と思いきや、もとから「お家大好き」な我が家の2人はあまり苦にならないようです。

小6のお兄ちゃんのほうは、普通の学校のときよりも学校からの課題が早く終わるため、いつもより長くニンテンドースイッチで遊べるとあって大喜びです。友達と通信できるので、孤独感もあまり無いようです。ゲームの後はYouTubeとお決まりのコース。

小5の妹のほうは、鬼滅の刃にハマっていて、オリジナルの「柱」を空想して羽織をデザインしています。プラバンを作ったり色紙に絵を描いたりもしています。

息子は本当にゲームが大好きです。「ゲームやり過ぎ」と注意され、「YouTubeも今日は終わりだよ」と言うと、しばらく何をしたら良いか分からずウロウロしていましたが、おもむろにダンボールモーターで何か作り始めました。そのときの作品がコレです。↓

 

 

ビー玉が無限ループになっています。昔から工作が好きで、100均の方眼用紙(厚紙)でいつも何か作っていました。とくに、「動くもの」「モーター」が好きなようです。この作品を息子に見せてもらったとき、「ずっと見ていたいなぁ」と思いました。ビー玉の動きが面白いし、音が心地よかったのです。Twitterで多くの方に「いいね」や「リツイート」をいただき、息子ともども大変喜んでおります。本当にありがとうございました!

「息子に挑戦させたい」と言って下さる方もいて、とても嬉しかったです。そのときに横からの画像も撮りました。

ビー玉無限装置(横)

この画像で、私は「傾斜なし」と書いたのですが息子いわく「微妙に傾斜がある」そうです;ちなみに、台座の穴は無限ループにする前にビー玉を溜(た)めるために開けていたものなので不要なものだそうです。

Twitterに載せるときに息子が「雑ですが‥と書いて」と言いました。「書かないほうがいいよ」と言ったのですが、ダンボールの切り口がシャープじゃないのがとても気になるようです。そこで、ダンボール工作をしている方のブログを参考にこんな材料を揃えてみました。

  • 多用途のハサミ
  • アートナイフ
  • サークルカッター

です。

ダンボールをカットするもの

また、「アールを作るとき楽だから片面ダンボールが欲しい」と言われて100均で調達してきました。他にも方眼が印刷してある「段ボールシート」、普通のダンボールよりも薄い「梱包用発送ケース」も買いました。

100均ダンボール工作材料

100均のカラーボックス用の収納ケースに材料を入れています。

100均工作整理整頓

Twitterで頂いた励ましのコメントは、全て息子に伝えています。「これやってみたら」と私が勧めても、自分の中でキラリと光ったものにしか熱中しない息子。才能があるんだから、どんどん作ればいいのに‥と思っていてもゲームやYouTubeを見ている息子。(アイディアを吸収しているのか?)最近では、どこにヤル気スイッチがあるのか分からないのでいろいろ勧めることも辞めていました。きっと、自分で自分のやりたいことを見つけていくでしょう。でも、ゲームやYouTubeばかり見ている息子。(無限ループ…!!)

第三者から褒められるのが、一番嬉しく原動力になるようです。だから、見ず知らずのツイートに「いいね」や「リツイート」「コメント」して下さった方々にとても感謝しています。本当にありがとうございました!

本人は第2弾を作ると言っているので、近いうちにまたTweetするかもしれません。気まぐれなので、時間がかかるかもしれません。(もしくは、すぐかもしれません。)親としては、「作らないの?」と言うのをぐっと堪えて見守ってみたいと思います。

青いビー玉について

最初に頂いたコメントで、「青いビー玉、要領悪いなwww」で息子と吹いてしまいましたw

社会のサンドバック 青さんかわいそう

ずっと入れない青が自分を見ているようで切なかった

青くんみたいな子 大縄跳びで見たことあるな

青が最後に通れてほっとした

とのコメントが続いたので、動画を再度見てみると確かに、青いビー玉は最初に飛び出していったのに2回目はなかなか流れに乗れずに様子を伺っているように見えます。

そして、青いビー玉を応援してくれるコメントをたくさん貰(もら)いました。本当に優しい世界でした。あの動画で、最後に青いビー玉が流れに乗れたことが自分や子どもの成長と重なって私も切なく、ほっとした気持ちになりました。

こんな気持ちを味わえたのは、コメントして下さったみなさんの豊かな想像力とそれを伝えて下さった行動のおかげだと感謝しております。

おまけ:がんばれ!青ビー玉くん

私の脳内イメージをマンガにしてみました。

がんばれ!青ビー玉くん

がんばれ!青ビー玉くん2

がんばれ!青ビー玉くん3
がんばれ!青ビー玉くん4
がんばれ!青ビー玉くん5

 

がんばれ!青ビー玉くん6修正

 

がんばれ!青ビー玉くん7

 

がんばれ!青ビー玉くん8修正

 

がんばれ!青ビー玉くん9

…息子もゲームが好きですが、母もゲーム大好きです。#お家にいよう #休校中の過ごし方

追記

【4月28日追記】

フジテレビのニュースサイト「FNNプライムオンライン」さんで息子の動画が紹介されました。

息子が取材を受けたときに、私がTwitterのDMに代筆したのですが、そのときに息子はこの作品をYouTubeで見たAkiyukiさんの「LEGO GBC 20 modules 【レゴ】 玉ころがしをつくってみたに感銘を受けて作ったということが分かりました。

他にも、何人かの方がTwitterのコメント欄で紹介して下さったWintergatanのマーブルマシーンYouTubeも見ていたようです。

最近の子はTVを見ないでYouTubeばかり見る、という話がありますが私が子どもだった頃と異なり情報を得る手段が豊富で、本物に触れる機会にも恵まれているのだなと思いました。

私は、今まで息子がゲームやYouTubeばかり見ているので「もっとクリエイティブなことをすれば良いのに」とずっと思っていました。でも、時間を決めて「この時間でクリエイティブなことをしなさい」と言われたからできるわけではないということに気付かされました。

朝ごはんを食べる前のぼーっとしている時間や歯を磨いている時間、トイレやお風呂の中、YouTubeを見ている時間やゲームをやめた瞬間などありとあらゆる時間の中でアイディアは閃(ひらめ)くのであり、閃かないときは一向に閃かない。息子は気まぐれなのではなく、アイディアが閃くのを待っているのかな…と思います。

【5月16日追記】

5月3日にTBSの「アッコにおまかせ」で、5月16日にTBSの「サタデープラス」で紹介されました。とちらもプロの方が編集しただけあって、とても素晴らしい映像にして頂きました。ありがとうございます!m(__)m

…そして、第2弾がついに完成しました!

 

片面ダンボールがカラーダンボールなので、とてもカラフルな作品になっています。そして、楽しい「しかけ」が増えました。モーター2つになっています。ビー玉リフト装置の穴が8個に増えたことで、投入できるビー玉の数も増えました。

ビー玉転がし1Stay Home」の看板が、息子こだわりのようです。

ビー玉転がし2

ビー玉リフト装置を抜けると、迷路のような分岐点になります。青いビー玉は針金のコースへ通されました。

ビー玉転がし3黄緑色の「じょうご」をクルクルと抜けると十字型の「リフト」へ。

ビー玉転がし4電池ボックスは2本入りのものを使用していますが、実際には単3乾電池1本しか入っていません。

ビー玉転がし5なんでも、単3乾電池を2本にしてしまうと回転が速くなりすぎてしまうそうです。動いているビー玉の数が増えたことで、前回よりもにぎやかで楽しい音がします。

まとめ

5月18日から、息子の小学校が再開します。いつも通りの学校生活とはいきませんが、日常生活が少しずつ戻ってきそうです。まだまだ#お家に居ようが必要かと思います。そんなときは、ダンボール工作をしてみるのも良いかもしれません。