クリスタで塗りつぶしてもギザギザにならない方法!ショートカットが便利

クリスタの塗りつぶしツールの基本的な使い方や、

  • ギザギザにならないで塗りつぶす方法
  • 便利なショートカットの使い方
  • 隙間なく塗りつぶす方法
  • ベクターで塗りつぶす方法

などを紹介します。塗りつぶしが反応しない線が消えるときの対処法もありますよ!

塗りつぶしをする手順

クリスタで線画を描いてから塗りつぶしをする手順は、

  1. 下書きをする
  2. 線を清書する
  3. 色を塗る

になります。

クリスタでは新規キャンバスを作成すると、デフォルトで「用紙」と「(新規ラスター)レイヤー1」が表示されます。ここに「(新規ラスター)レイヤー2」「(新規ラスター)レイヤー3」を2枚追加して、それぞれ名前を以下のように変更します。※レイヤーの名前の上からダブルクリックをすると、キーボードで文字を入力できます。

  • (新規ラスター)レイヤー3 → 線画
  • (新規ラスター)レイヤー2 → 色塗り
  • (新規ラスター)レイヤー1 → 下書き
  •  用紙          → 用紙

新規キャンバスを作成する手順や線画を描く方法はCLIP STUDIO PAINT 初心者講座の「CLIP STUDIO PAINT はじめてのイラスト」が分かりやすく紹介しています。

塗りつぶしツールを使うときの注意点

塗りつぶしツールを使用するときは、用紙を「新規ラスターレイヤー」にします。「新規ベクターレイヤー」を選択すると、塗りつぶしツールが使えないので注意しましょう!

ショートカットキーで効率UP!

キャンバスの拡大・縮小や「ひとつ前の操作に戻る」など、よく使う機能はキーボードのショートカットキーを使うと便利ですよ。

ひとつ前の操作に戻る Ctrl+Z
全体を表示する Ctrl+0
拡大する Ctrl+Space
縮小する Alt+Space
画面の移動をする(手のひらのアイコン) Space
キャンバスの回転 Shift+Space
クリア Delete

塗りつぶしツールの基本的な使い方

クリスタの塗りつぶし機能は豊富なので、設定をどうすれば良いか迷ってしまいますよね。基本的には、以下のように設定すれば大丈夫です!

  1. 色塗り用のレイヤー」をクリックして選択します。

クリスタレイヤー選択画像

  1. ①「塗りつぶし(バケツのアイコン)」をクリックして、②「他レイヤーを参照」をクリックします。③「他レイヤーを参照」のツールプロパティは、「ベクターの中心線で塗り止まる」以外すべてにチェックを入れます。

クリスタレイヤー選択画像2

これで、「線画」のレイヤーを参照しながら「色塗り」のレイヤーに色を塗ることができます。

  1. ①「領域拡縮」の左の「+」をクリックして展開します。②「最も濃いピクセルまで拡張」をクリックしましょう。

クリスタレイヤー選択画像4

これで、色塗りしたときに線のキワまでしっかり塗れるようになります。

  1. カラーパレットから、メインカラー(色塗りしたいカラー)を選択します。

クリスタレイヤー選択画像3

↓カラーパレットで色を選択する方法は、こちらの記事で紹介しています。

  1. 色塗りしたい箇所」をクリックします。

クリスタレイヤー選択画像5

塗りつぶしのショートカットキーは?

クリスタには初期設定でショートカットキーが割り当てられています。メインカラーで選択しているカラーで塗りつぶします。

塗りつぶし Altキー+Delete

サブツールの「囲って塗る」とは?

サブツールの設定で、「他のレイヤーを参照」ではなく「囲って塗る」を選択すると、フリーハンドで囲った領域に色を塗ることができます。

カラーパレットから色を選択して、「囲って塗る」をクリックします。②色を塗りたい箇所をフリーハンドで囲みましょう。

クリスタ囲って塗る画像-

マウスから手を離すと、選択した領域に色が塗られます。

クリスタ囲って塗る画像2

白く残った塗り残しにも使えますよ!

クリスタの塗りつぶしがおかしい・反応しないときは?

塗りつぶしでギザギザになるときの対処法

アンチエイリアス(線が滑らかに見えるように中間色を補完する機能)がONになっていると、線画に薄いグレー濃いグレー補完されます。※線画を拡大すると分かりやすいです。線のフチ際が白いギザギザにならない方法をご紹介します。

クリスタアンチエイリアス拡大画像

色塗りの領域に「薄いグレー」が参照されるので、ギザギザとした見た目になってしまいます。

クリスタ色塗りギザギザの画像

①「領域拡縮」の左の「+」をクリックして展開します。②「最も濃いピクセルまで拡張」をクリックしましょう。③色を塗ってみて、まだギザギザになるようならば領域拡縮のスライダー+の方向へドラッグして調整します。

クリスタ色塗りフィザギザ回避画像

これで白いギザギザの塗り残しが解消されました。

クリスタ色塗りフィザギザ回避画像2

領域拡縮のスライダー+の方向へドラッグしすぎると、線から色がはみ出してしまうので注意しましょう!

クリスタ色塗りフィザギザ回避画像3

画面全体が塗りつぶされるときの対処法

塗りたい箇所をクリックしたのに、画面全体に色が塗られてしまうときは以下の方法を試してみて下さい。

クリスタ色塗り画面全体画像

「全てのレイヤーを参照」にチェックを入れる

「他のレイヤーを参照」を選択しているのに、参照するレイヤーが選択されていないと全ての範囲を塗りつぶしてしまいます。特別な事情がなければ、「すべてのレイヤーを選択する」をチェックしておきましょう。

クリスタ色塗りできない画像

「隙間閉じ」にチェックを入れる

隙間閉じ」にチェックが入っていないと、線画で隙間がある場合に画面全体が塗られてしまいます。「隙間閉じ」をオンにすることで、隙間があっても「閉じているもの」と認識してくれます。

クリスタ色塗り隙間閉じの画像

隙間があっても色がはみ出ません…!

クリスタ色塗り隙間閉じの画像2

塗りつぶしツールを初期化する

知らずと塗りつぶしツールの設定を変更してしまって、画面全体が塗りつぶされるようになってしまったのかもしれません。塗りつぶしツール初期化してみましょう。

クリスタ塗りつぶしツール初期化の画像

塗りつぶしツールがリセットされます。

塗りつぶしができないときは?

色塗りをしようとして色を塗りたい箇所をクリックすると、禁止マークが出ることがあります。現在選択しているレイヤーが間違っている可能性があるので、色塗り用のレイヤーを選択しているか確認してみましょう。

クリスタ色塗り禁止の画像

色塗り用のレイヤーをクリックして選択すると、色が塗れるようになります。

まとめ

クリスタの塗りつぶしツールは、便利な機能がたくさんあるのでぜひ使ってみましょう!覚えることが多いので、自分で試してみて気に入ったものだけ使うのがおすすめですよ。少しずつ、覚えていきましょう。^^

【Photoshopの代用ソフト「GIMP」を無料ダウンロード】