スクラッチでアルファベットの文字を動かします。チュートリアルはスクラッチのサイトの「ヒント」から入れます。

 文字をスプライトにしよう

ステージのねこを削除します。

①ハサミをクリック

②ねこをクリック

文字のスプライトを追加します。ステージの下のスプライトのアイコンをクリックしてスプライトライブラリーを開きます。

「文字」の「A-block」を選んで「OK」をクリック

文字「A」がスプライトになりました。

色がかわるようにしよう

スクリプトの「見た目」をクリックして、「色の効果を25ずつ変える」をドラッグ

「イベント」をクリックして、「このスプライトがクリックされたとき」をドラッグ

「A」をクリックすると、色が変化するようになりました。

音を追加しよう

「A」がクリックされたときに音が出るようにします。「音」をクリックして、スピーカーのアイコンをクリックして音ライブラリーを開きます。

音ライブラリーの「zoop」をクリックして「OK」をクリック

スクリプトの「音」をクリックして、「zoopの音を鳴らす」をドラッグ

「A」がクリックされたときに音が出て色が変化するようになりました。

背景を追加しよう

ステージ下の背景のアイコンをクリックして背景ライブラリーを開きます。

「屋外」の「board walk」を選択して「OK」をクリック

自分で描いた文字を追加しよう

ペイントエディターで描いた文字をスプライトにすることも可能です。

ステージ下のペンのアイコンをクリック

①筆(ふで)ツールをクリック

②左下のノブで線の太さを決定

③カラーパレットの好きな色をクリック

【消したいとき】

・ぜんぶ消したいときは「消す」をクリック

・ちょっとだけ消したいときは消しゴムをクリックしてから消したいところをなぞる

・矢印をクリックすると、1つ前の状態に戻る

 

「R」のスプライトを作ってみました。ステージの好きなところにドラッグします。

描いた文字が多きかったり小さかったりしたときは、拡大・縮小ツールをクリックしてから描いた文字をクリックして調整します。

自分でかいた文字を回転させよう

「R」の文字をクリックしたときに、回転するようにします。

スクリプトの「動き」をクリックして、「15度回す」をドラッグ

「制御」をクリックして、「1秒待つ」をドラッグ

「10回繰り返す」のブロックを2つのブロックを囲むようにドラッグ

「イベント」をクリックして、「このスプライトがクリックされたとき」をドラッグ

音も出るようにしてみます。

「音」をクリックして、スピーカーのアイコンをクリックして音ライブラリーを開きます。

「音楽のループ」の「hip hop」を選択して「OK」をクリック

スクリプトの「音」をクリックして、「hip hop の音を鳴らす」をドラッグ

このままだと、回転が終わったときに「R」が逆さまになてしまいます。元の位置にもどるようにプログラミングします。

スクリプトの「動き」をクリックして、「90度に向ける」のブロックをドラッグ

これで、「R」が回転した後に元の位置に戻るようになりました。

もう1つ文字を追加しよう

ステージ下のスプライトのアイコンをクリック

「文字」の「「T-Glow」を選択して、「OK」をクリック

「T」をクリックしたら文字が大きくなったり小さくなったりするようにしてみます。

スクリプトの「見た目」をクリックして、「大きさを10ずつ変える」のブロックを2こドラッグ

「大きさを10ずつ変える」のブロックの数字を「10」から「-10」に変更します。

「イベント」をクリックして、「このスプライトがクリックされたとき」をドラッグ

「制御」をクリックして、「10回繰り返す」を2こドラッグ

「10回繰り返す」の「10」を「15」に変更します。

これで、「T」をクリックすると大きくなって元の位置に戻るようになりました。

「A」に動きを追加しよう

「A」の文字は色がかわって音がなるだけだったので、動くようにしてみます。

ステージの下の「A」のサムネイルをクリック

スクリプトの「動き」をクリックして、「1秒でx座標を-100、y座標を4に変える」を4個ドラッグ

「1秒でx座標を-100、y座標を4に変える」の上から3個のブロックの数字を変更します。

●x座標を140、y座標を100

●x座標を140、y座標を-100

●x座標を140、y座標を100

とそれぞれ変更します。

「イベント」をクリックして、「このスプライトがクリックされたとき」をドラッグ

これで、「A」の文字がクリックしたときに文字が動いて、最後には元に戻るようにプログラミング出来ました。

🚩をクリックしたときに、「A」の色がリセットされるようにします。

「イベント」をクリックして、「🚩がクリックされたとき」をドラッグ

「見た目」をクリックして、「画像効果をなくす」をドラッグ

これで、🚩をクリックすれば「A」の色が元に戻るようになりました。

プロジェクトを共有しよう

タイトル蘭に「名前を動かそう」と入力

画面右上の「共有」をクリック

「使い方」と「メモと作品の貢献度」を入力

遊んでみよう

スタート(🚩のアイコン)をクリックして、「A」「R」「T」をクリックすると文字が動きます。

アレンジ作品の紹介

小3年の息子がチュートリアルの「動く文字」をアレンジしました。

Aキー Aが大きくなって小さくなる。
Sキー Aの文字が変わる。
Dキー Aだったはずの文字が元通りになります。
Lキー Jが回って1周回ります。
Kキー JとMが入れかわります。
Jキー JとMが元通りに入れかわります。
Hキー 秘密なので皆さんやってみて下さい。