アルファベットの文字を、映画のイントロみたいにカッコイイ感じにしてみよう!

チュートリアルは、スクラッチのサイトの「ヒント」から入れるよ。

 文字をスプライトにしよう

ステージにねこがいるから、消そうね。

ハサミをクリックしてからねこをクリックすれば消えるよ。

文字のスプライトを追加しよう。

ステージの下のスプライトのアイコンをクリックしてスプライトライブラリーを開いてね。

「文字」の「A-block」を選んで「OK」をクリックよう。

文字「A」がスプライトになったよ。

色がかわるようにしよう

「A」の文字をクリックしたときに色がかわったら楽しいよね。

スクリプトの「見た目」をクリックして、「色の効果を25ずつ変える」をドラッグてね。

「イベント」をクリックして、「このスプライトがクリックされたとき」をドラッグしよう。

「A」をクリックすると、色がかわるようになったよ。

音を追加しよう

「A」がクリックされたときに音がなるようにするよ。

「音」をクリックして、スピーカーのアイコンをクリックして音ライブラリーを開いてね。

音ライブラリーの「zoop」をクリックして「OK」をクリックしよう。

「zoop」の音が追加されたよ。

スクリプトの「音」をクリックして、「zoopの音を鳴らす」をドラッグしよう。

これで、「A」がクリックされたときに音がなって色がかわるようになったよ。

背景を追加しよう

背景が白いままじゃさびしいよね。

海の背景を追加しよう。

 

ステージ下の背景のアイコンをクリックて背景ライブラリーを開いてね。

「屋外」の「board walk」を選択して「OK」をクリックしよう。

海の背景が追加されたよ。

自分で描いた文字を追加しよう

ペイントエディターで描いた文字をスプライトにすることもできるんだ。

ステージ下のペンのアイコンをクリックしてね。

①筆(ふで)ツールをクリックして、②左下のノブで線の太さきめよう。

③カラーパレットの好きな色をクリックしてね。

①ぜんぶ消したいときは「消す」をクリックするよ。

②ちょっとだけ消したいときは消しゴムをクリックしてから消したいところをなぞってね。

③矢印をクリックすると、1こ前の状態(じょうたい)にもどるよ。

 

「R」ってかいてみたよ。

ステージの好きなところにドラッグしよう。

描いた文字が多きかったり小さかったりしたときは、拡大(かくだい)・縮小(しゅくしょう)ツールをクリックしてから描いた文字をクリックしてちょうせつしてね。

自分でかいた文字を回転させよう

「R」の文字をクリックしたときに、回転するようにするよ。

スクリプトの「動き」をクリックして、「15度回す」をドラッグしよう。

「制御」をクリックして、「1秒待つ」をドラッグしてね。

つぎに、「10回繰り返す」のブロックを2つのブロックを囲むようにドラッグしよう。

「イベント」をクリックして、「このスプライトがクリックされたとき」をドラッグしよう。

音もなるようにしてみよう。

「音」をクリックして、スピーカーのアイコンをクリックして音ライブラリーを開いてね。

「音楽のループ」の「hip hop」を選択して「OK」をクリックしよう。

「hip hop」の音が追加されたよ。

スクリプトの「音」をクリックして、「hip hop の音を鳴らす」をドラッグしてね。

このままだと、回転が終わったときに「R」が逆さまのになっちゃうんだ。

もとの位置にもどるようにスクリプトを組むよ。

スクリプトの「動き」をクリックして、「90度に向ける」のブロックをドラッグしよう。

これで、「R」が回転したあとにもとの位置にもどるようになったよ。

もう1つ文字を追加しよう

ステージ下のスプライトのアイコンをクリックしてね。

「文字」の「「T-Glow」を選択して、「OK」をクリックしよう。

「T-Glow」のスプライトが追加されたよ。

「T」をクリックしたら文字が大きくなったり小さくなったりするようにしてみるよ。

スクリプトの「見た目」をクリックして、「大きさを10ずつ変える」のブロックを2こドラッグしてね。

下の「大きさを10ずつ変える」のブロックの数字を「10」から「-10」にかえてね。

「イベント」をクリックして、「このスプライトがクリックされたとき」をドラッグしよう。

「制御」をクリックして、「10回繰り返す」を2こドラッグてね。

「10回繰り返す」の「10」を「15」にしよう。

これで、「T」をクリックすると大きくなって元にもどるようになったよ。

「A」に動きを追加しよう

「A」の文字は色がかわって音がなるだけだったから、動くようにしてみるね。

ステージの下の「A」のサムネイルをクリックしよう。

 

スクリプトを組んでいくよ。

スクリプトの「動き」をクリックして、「1秒でx座標を-100、y座標を4に変える」を4個ドラッグしてね。

「1秒でx座標を-100、y座標を4に変える」の上から3個のブロックの数字をかえるよ。

●x座標を140、y座標を100

●x座標を140、y座標を-100

●x座標を140、y座標を100

って入力してね。

「イベント」をクリックして、「このスプライトがクリックされたとき」をドラッグしよう。

これで、「A」の文字がクリックしたときに文字が動いて、さいごにはもとにもどるようにスクリプトが組めたよ。

 

🚩をクリックしたときに、「A」の色が元にもどるようにしよう。

「イベント」をクリックして、「🚩がクリックされたとき」をドラッグしてね。

「見た目」をクリックして、「画像効果をなくす」をドラッグしよう。

これで、🚩をクリックすれば「A」の色が元にもどるようになったよ。

プロジェクトを共有しよう

タイトル蘭「名前を動かそう」と入力してね。

画面右上の「共有」をクリックしよう。

「使い方」と「メモと作品の貢献度」を入力してね!

「動く文字」が完成したよ!

遊んでみよう

スタート(🚩のアイコン)をクリックして、「A」「R」「T」をクリックしてみてね。

アレンジ作品の紹介

小学校3年生の男の子がチュートリアルの「動く文字」をアレンジした作品だよ。

スタート(🚩のアイコン)をクリックしてね。

Aキー Aが大きくなって小さくなる。
Sキー Aの文字が変わる。
Dキー Aだったはずの文字が元通りになります。
Lキー Jが回って1周回ります。
Kキー JとMが入れかわります。
Jキー JとMが元通りに入れかわります。
Hキー 秘密なので皆さんやってみて下さい。

引用:senzen791さんのscratch作品より

 

こんなふうに、いろいろ工夫して君のセンスを光らせてみてね。

人が作った作品を見るのは、とっても楽しいね。