スクラッチで、競争(きょうそう)ゲームを作ってみない?

好きなキャラクターを、どんどん競争させちゃおう!

チュートリアルは、スクラッチのサイトの「ヒント」から入れるよ。

背景を追加しよう

競争の舞台(ぶたい)になる背景を追加するよ。

ステージの下の背景のアイコンをクリックして、背景ライブラリーをひらいてね。

「屋外」をクリックして、ノブをいちばん下までドラッグすると、

「track」があるから選択して「OK」をクリックしよう。

なかなかいい感じだね!

スプライトを動かそう

さっそく「ねこ」を動かしてみるよ。

スクリプトの「動き」をクリックして「10歩動かす」をドラッグしてね。

「10歩動かす」のブロックを何回かクリックすると、ねこが10歩ずつ動いていくよ。

スクラッチのブロックの10歩って小さい幅なんだね。

これでも、30歩進んだんだ。

キーを押したら動くようにしよう

スペースキーを押したときにねこが10歩動くようにするよ。

スクリプトの「イベント」をクリックして、「スペースキーが押されたとき」をドラッグしてね。

ゴールラインを描こう

ペイントブラシでゴールラインを描くよ。

ステージ下のペンのアイコンをクリックしてね。

カラーパレットの黄色をクリックして、左下のノブを右に動かそう。

線の太さがスタートラインと同じくらいの太さになるようにしてね。

線をまっすぐ引くには、直線ツールを使うよ。

直線ツールをクリックしてから線を引いてみてね。

 

長さは、ステージをみてだいたいスタートラインと同じ長さになるようにしよう。

 

ゴールのラインがスプライトになったよ!

ゴールラインをドラッグして、ゴールの位置に配置してね。

ゴールラインに着いたら

ゴールに着いたら、ねこが「やったー!」と言うようにしよう。

まずは、ねこのスプライトをクリックしてね。

スクリプトの「制御」をクリックして、「もし~なら」をドラッグしてね。

「ゴールラインの黄色にねこが触れたとき」にねこが「やったー!」と言うようにするよ。

スクリプトの「調べる」をクリックしてね。

 

「■色に触れた」というところの色を黄色にしたいから、

①■をクリックしてから ②ゴールラインをクリックしてね。

 

これで、「黄色に触れたら」という条件になるよ。

「黄色に触れた」をドラッグして、「もし~なら」のブロックに入れよう。

スクリプトの「見た目」をクリックして、「Hello!と2秒言う」をドラッグしてね。

Hello!を消して、「やったー!」にしよう。

これで、ねこがゴールラインに触れたとき「やったー!」と言うようになったよ。

スプライトをリセットする

スタートをクリックした時にねこがスタートラインにいないと困るよね。

だから、スタートをクリックしたらねこがリセットするようにしよう。

 

ねこをスタートラインより左の下のほうにドラッグしてね。

スクリプトの「動き」をクリックして、「x座標を~、y座標を~にする」をドラッグしよう。

このブロックをクリックしてね。

 

このブロックのx座標とy座標の数値が、ねこの座標なんだ。

ねこがいるこの場所の座標を見てみよう。

 

x=-201

y=-43

とうことなんだね。

※ドラッグした場所によって座標が違うよ!

 

スクリプトの「イベント」をクリックして、「🚩がクリックされたとき」をドラッグしよう。

これで、ねこがどこにいても🚩をクリックすればスタートに戻るよ。

また競争ができるね!

別のスプライトを追加しよう

ひとりのレースじゃつまらないよね。

だから、もう1つスプライトを追加してみよう。

 

ステージ下のスプライトのアイコンをクリックして、スプライトライブラリーを開いてね。

自分の好きなスプライトを選択して「OK」をクリックしよう。

今回は、「Shark(さめ)」にしてみたよ。

サメのスプライトが追加されたよ!

このままだとサメが少し大きいから、縮小してスタートラインにドラッグしてね。

①コスチュームをクリック

②縮小アイコンをクリック

③スプライトをクリック

で、サメが小さくなっていくよ。

大きさがちょうど良くなったら、スタートラインにドラッグしよう。

サメはキーボードの右向き矢印を押して動かすようにしよう。

ねこと同じスクリプトを組めば競争ゲームが完成するんだけど、それだとあまりおもしろくないから仕掛けをしてみようか!

 

サメにはコスチュームが3つあるから、コスチュームが変わるようにしよう。

スクリプトの「動き」をクリックして、「x座標を~、y座標を~にする」をドラッグして一度クリックしてね。

スタートラインのサメがいる座標の数値が入るよ。

 

「10歩動かす」をドラッグして、「10」を「15」しよう。

これで、ねこよりサメのほうが早く進むようになったね。

スクリプトの「イベント」をクリックして、「🚩がクリックされたとき」と「スペースキーが押されたとき」をドラッグしてね。

▼をクリックして、「スペースキー」を「右向き矢印」にしよう。

いよいよ、サメのコスチュームが変わるようにしてみるよ。

 

スクリプトの「見た目」をクリックして、「次のコスチュームにする」をドラッグしよう。

これで、キーボードの右向き矢印をクリックするたびにサメのコスチュームが変わるようになったよ。

右向き矢印をクリックすると、右に進んで口をガバッ!

もう1回クリックすると、口をとじてなんだか悲しそうな顔に・・

ゲームをカスタマイズする

これで競争ゲームが完成したけど、ねこもコスチュームが変わるようにしたほうがおもしろいよね。

だから、ねこのスクリプトを改変してみよう。

 

まずは、ステージ下のねこのスプライトをクリックしてね。

スクリプトの「見た目」をクリックして、「次のコスチュームにする」を「10歩動かす」のブロックの下にドラッグしてね。

ねこのほうはコスチュームが2つだから変化が少ないけど、これで歩いているように見えるようになったよ。

コスチューム1はねこの右足がのびてるね。

コスチューム2は、ねこの右足が曲がってるんだ。

キーボードのスペースキーを押しっぱなしにすると、ねこが走っているように見えるよ!

ゴールに着いたときに、拍手をもらうと嬉しいよね。

 

もう1つスクリプトに追加してみよう。

「音」をクリックして、スピーカ-をクリックして音ライブラリーを開こう。

「人」の「clapping(拍手)」を選択してから「OK」をクリックしてね。

スクリプトの「音」をクリックして、

「終わるまでclappingの音を鳴らす」のブロックを「やったー!と2秒言う」のブロックの下にドラッグしよう。

これで、ねこがゴールしたときにギャラリーから拍手がもらえるようになったよ。

背景にちょっとつけ加えよう。

背景のペンのアイコンをクリックしてね。

パレットの白をクリックしてから直線ツールをクリックして、トラックに直線を引こう。

今度はテキストツールを使ってトラックに「1」「2」と数字を書くよ。

ここからは、ちょっと楽しいしかけを作っておいたよ。

どんな仕掛けなのかは、遊んでからのお楽しみ!

共有しよう

ステージ上のタイトル蘭に「競争ゲーム」と書こう。

画面右上の「共有」をクリックすれば共有できるよ。

「使い方」と「メモと作品の貢献」を入力してね。

遊んでみよう!

スタート(🚩のアイコン)をクリックしてから、

キーボードのスペースキー(ねこ)と右向き矢印(サメ)を押して競争いてみてね!

 

楽しいことが起こるかも!

スプライトを競争させて、いろんなリアクションをさせたり音を出したり自由に競争ゲームを作ろう。

自分でストーリを作って、友だちに見せて笑わせるのも楽しいよね。