Scratch スクラッチ ゲーム キャッチゲーム チュートリアル

空からふってくるリンゴをキャッチする楽しいゲームだよ。

 

チュートリアルは、スクラッチのサイトの「ヒント」から入れるよ。

落下物を選択する

 ねこはいらないから消そうね。
①ステージ上のハサミのアイコンをクリックしてから
②ねこをクリックしてね。
 ステージからねこが削除されたよ。
 ステージ下のスプライトのアイコンをクリックして、スプライトライブラリーを開いてね。
 
 「Apple(りんご)」を選択して、「OK」をクリックしてね。
ステージにりんごが追加されたよ。
 

背景を選択する

ゲームのぶたいになる背景を追加するよ。

ステージ下の背景のアイコンをクリックして、背景ライブラリーを開いてね。

「blue sky(青空)」を選択して「OK」をクリックしよう。

 背景が追加されたよ。とってもあざやかだね!

 物体を上におく

りんごがランダムな場所に行くようにするよ。

ステージ下のりんごのサムネイルをクリックしてね。

「動き」をクリックして、「マウスのポインターへ行く」をドラッグしてね。

「マウスノポインター」のプルダウンメニュー▼をクリックして、「ランダムな場所」にしてね。

「y座標を0にする」をドラッグしよう。

「0」を「180」にへんこうしよう。

「イベント」をクリックして、「🚩がクリックされたとき」をドラッグしてね。

これで、🚩がクリックされたときにりんごが一番上にセットされるようになったよ。

ステージの一番上のy座標は180なんだね。

落下させる

 ステージの上にセットされたりんごが落ちてくるようにするよ。
「制御」の「ずっと」をドラッグしてね。
 「動き」の「y座標を10ずつ変える」をドラッグして、
「10」を「-5」にかえてね。
 これで、りんごが落下するようになったよ!

物体を上に戻す

りんごが地面についたら上に戻るようにスクリプトを組むよ。

「制御」の「もし~なら」をドッラッグしてね。

「演算」の「□<□」をドラッグしてね。

右側の□に「-170」と入力しよう。

最初の□に、「動き」にある「y座標」をドラッグしてね。

これで、「もしy座標が–170より小さかったら」となるんだ。

「マウスポインターへ行く」をドラッグして、

「マウスポインター」のプルダウンメニュー▼をクリックして「ランダムな場所」にかえてね。

「y座標を0にする」をドラッグしてね。

「0」を「180」にしよう。

これで、りんごがランダムな場所からどんどん落ちてくるようになったよ。

 キャッチャーを追加する

音てくるりんごをキャッチする入れ物を追加するよ。

ステージ下のスプライトのアイコンをクリックして、スプライトライブラリーを開こう。

「もの」の「Bowl(ボウル)」を選択して「OK」をクリックしよう。

 ステージにボウルが追加されたよ。
 ボウルが大きいほうがキャッチしやすいから、ボウルを拡大しよう。
①「拡大」ツールをクリックしてから②「ボウル」をクリックしてね。
 ボウルが大きくなったよ!

キャッチャーを動かす

キーボードの矢印でキャッチャーを左右に動かせるようにしよう。

ステージ下のボウルのサムネイルをクリックしてね。

「イベント」をクリックして、「🚩がクリックされたとき」をドラッグしよう。

「制御」をクリックして、「ずっと」と「もし~なら」をドラッグしよう。

「もし~なら」のブロックは、「ずっと」のブロックの中に入れてね。

「調べる」をクリックして、「スペースキーが押された」を「もし~なら」のブロックの中にドラッグしてね。

プルダウンメニュー▼をクリックして、「スペース」を「右向き矢印」にへんこうしよう。

「動き」をクリックして、「X座標を10ずつ変える」をドラッグしてね。

「制御」をクリックして、「もし~なら」のブロックをドラッグしてね。

「調べる」をクリックして、「スペースキーが押された」を「もし~なら」のブロックの中にドラッグしてね。

プルダウンメニュー▼をクリックして、「スペース」を「左向き矢印」にへんこうしよう。

「動き」をクリックして、「X座標を10ずつ変える」をドラッグしてね。

「10」を「-10」にしよう。

これで、キーボードの左右の矢印でボウルが動くようになったよ。

 物体をキャッチする

このままだとりんごがボウルの後ろをすり抜けて落ちてしまうから、

ボウルでりんごをキャッチするようにスクリプトを組もう。

 

ステージ下のりんごのサムネイルをクリックしてね。

スクリプトの「イベント」をクリックして、「🚩がクリックされたとき」をドラッグしよう。

「制御」をクリックして、「ずっと」と「もし~なら」をドラッグしよう。

「もし~なら」のブロックは、「ずっと」のブロックの中に入れてね。

「調べる」をクリックして、「マウスのポインターに触れた」を「もし~なら」のブロックの中にドラッグしてね。

プルダウンメニュー▼をクリックして、「マウスのポインター」を「Bowlに触れた」にへんこうしよう。

「音」をクリックして、「popの音を鳴らす」をドラッグしてね。

 

これで、りんごをキャッチした時にポン!って音が出るようになったよ。

「動き」をクリックして、「マウスポインターへ行く」をドラッグしてね。

プルダウンメニュー▼をクリックして、「マウスポインター」を「ランダムな場所」にしよう。

「y座標を0にする」をドラッグしてね。

「0」を「180」にしよう。

これで、りんごがボウルにふれたら上に戻るようになったよ。

 ゲームを改造する

スコアを追加する

りんごをキャッチできたら点数が入るようにするよ。

「データ」をクリックして、「変数を作る」をクリックしてね。

 

変数名に「score」と入力して「OK」をクリックしよう。

「scoreを0にする」と「scoreを1ずつ変える」をドラッグしてね。

これで、ボウルにりんごが入ったときは1点入るようになったよ。

🚩をクリックすると、点数が0にもどるんだ。

 りんごを増やす

「複製」スタンプを使って、りんごをふやしてみよう。

①ステージ上の「複製」のアイコンをクリックして、

②りんごをクリックしてね。

これで、りんごが複製されたよ。

サムネイルも「Apple2」となったね。

りんごの数が多いほうが楽しくなったよ!

 ゲームを共有する

ステージ上のタイトル蘭に「キャッチゲームを作ろう」と入力してね。

画面右上の「共有」をクリックしよう。

「使い方」と「メモと作品への貢献」をクリックしてね。

 遊んでみよう

スタートをクリックするとゲームが始まるよ。落ちてくるちんごをボウルでキャッチすると点数が入るよ。

 アレンジ作品の紹介

これは、小学3年生の男の子が作った作品だよ。

りんごを集めると、りんごの果汁が集まる仕組みになってるんだ。

 

イントロのねこがしゃべるセリフもおもしろいね。

 みんなも、どんどんチュートリアルをアレンジしてみてね!