小中学生向け!プログラミングと英語アプリ

Scratch(スクラッチ)でリミックスする方法!【注意点まとめ】

Scratch作品をリミックスしてみよう

Scratchではリミックス(改変)が認められています。(以下はScratch-コミュニティーガイドラインより引用

Scratchで見つけたプロジェクトやアイディア、画像などすべてのものは、自由にリミックスできます。同様に、あなたがシェアしたものも、誰でも自由に使うことができます。

興味のある作品をリミックスすることで、自分の引き出しにどんどん新しいアイディアがたまっていき、作品の幅が広がります!リミックスは、元の作品を参考にして新しいゲームを作るクリエイティブな作業です。

※Scratchでは、作品を共有することでライセンスがCC BY-SA 2.0となります。

※自分の作品をリミックスされたくない場合は、作品を「共有」しないことをおすすめします。

リミックスの決まりごと

Scratchのリミックスには、ガイドラインがあります。

  • リミックスした作品には、元の作者の名前を「作品と貢献」に記入すること
  • 自分のアイディア加えること(コードを付け加える 、コスチュームを変更するなど

Scratchでは「リミックス」をクリックすると自動的にクレジット(元の作者の名前、作品へのリンク・タイトル)が表示されます。自分のアイディアを加えて、どんどんリミックスしましょう!

リミックスのやり方

リミックスしたい作品があったら、「リミックス」をクリックします。

作品がコピーされます。作品タイトルの最後に「remix」と入っています。タイトルは変更してもOK!

リミックスしてみよう

素材を変更する方法

スプライトのコスチュームを「棒人間」から「くま」に変更してみます。

オリジナルのコスチュームに新しいコスチュームを付け加えて、

オリジナルのコスチュームの「×」をクリックすると、オリジナルのスプライトが消えます。

これで、オリジナルのコードを残したまま素材(スプライト)を変更することができますよ!

新しいコードを付け加えよう

コードを書き加えて、新しい要素を付け加えます。いらないコードは削ってもOKです!

元の作者の名前を「作品と貢献」に記入する

リミックスすると、自動的に元の作者の名前と作品タイトル・リンクが自動的に表示されます。自分で記入する必要はありません

もし、音楽素材や画像素材・スクリプトなどを借りた場合は、以下のように「メモとクレジット」に記入しましょう。(以下の作品はリミックスではありませんが;)

※英文でなくて日本語で大丈夫です!

  • 素材を借りていること
  • 参考URL・リンク

などを明記しましょう。

Scratchの作品を「完コピ」するのはダメなの?

クリエイティブ・コモンズ(CC BY-SA 2.0)のライセンスの条件は、

  • 適切なクレジットを表示して、ライセンスへのリンクを提供すること
  • クレジットに変更があった時にはその旨を記載すること
  • リミックスした作品は、元の作品と同じライセンスの下に配布すること

です。以上のことを守れば「完コピ」しても大丈夫ということになりそうですが、果たしてそうでしょうか?ScratchサイトのFAQ(よくある質問と答え)のリミックスとコピーに表記されているリミックスの定義には、「原作と違いがあること」が条件になっています。

Scratcherが誰かのプロジェクトをコピーして自分のアイデアを加えたら(例えばスクリプトやコスチュームを変えるとか)、結果としてできたプロジェクトは「リミックス」と呼ばれます。

クリエイティブ・コモンズのライセンスの条件に加えて、原作と差異があることがリミックスの条件です。

Scratchの利用規約には、

あなたがScratchを使うとき、あなたはScratch Community Guidelinesに従うことに同意します。

とあります。Scratchを使用するなら、Scratchコミュニティーのガイドラインに従う必要があります。従って、Scratchでリミックスボタンを押して原作に自分のアイディアを加えることがリミックスの条件になります。

Scratchの作品を完コピされたらどうする?

「完コピ」は、報告の対象になります。「完コピ」された、または「完コピ」を発見した場合は作品右下の「報告」をクリックすることで報告することができます。

「報告」をクリックして、「他のプロジェクトの完全なコピー」を選択します。

報告された作品は、Scratchチームによってサイトに残すか消すか判断されます。また、Scratchチームは、利用規約にて

ScratchチームはScratchサービスのすべての使用を監視する権利を留保しますが、義務ではありません。

と明記しています。

まとめ

Scratchで公開した作品は、改変(リミックス)が認められているので気軽にリミックスできます!人が作ったコードを分析することで、とても勉強になります。リミックスのガイドラインである

  • リミックスした作品には、元の作者の名前を「作品と貢献」に記入すること
  • 自分のアイディア加えること(コードを付け加える、コスチュームを変更するなど)

を守って、作品のアイディアを広げていきましょう。コスチュームや音楽などを外部から借りるときは、著作権や使用する条件を確認する必要があります。使用できる素材の場合は、「メモとクレジット」に記入するのを忘れずに!

ScratchはMIT Media LabのLifelong Kindergarten Groupによって開発されました。https://scratch.mit.edu/を参照してください。 

【マイクラでプログラミング!】

【電子工作でプログラミング!】

関連記事

アプリ課金が半額に!

Amazonアプリストアで初めて課金する人向けのキャンペーンで、2019年6月28日(金)00時00分(日本時間)から2019年7月28日(日)23時59分(日本時間)までAmazonコイン5,000円分が2,500円で購入できます。Amazonコインは、アプリ課金・有料アプリ購入するときに利用できます。

最近の投稿