Scratch3.0のペイントエディターは使いにくい?

Scratch3.0のベータ版のペイントエディターを試してみて、「ん??」と思いませんでしたか?Scratch2.0のペイントエディター画面とかなり違うので、戸惑う人も多いと思います。しかし、慣れてしまえばかなり使い勝手が良いですよ!さすがバージョンアップされただけありますね。

ペイントエディターの開き方

Scratch3.0を立ち上げると、コードが表示されている画面が現れますが、「コスチューム」をクリックすることでペイントエディターが開きます。

よし!これで、どんどんスプライトを変化させていきましょう。

スプライトの名前を変更する

スプライトの名前が「スプライト1」では味気が無いので、名前を変更しましょう。スプライトの名前を変更するには、画面右下の「スプライト」の右隣りの欄にキーボードで入力します。

「ねこ」と入力してみました。まぁ、「ねこ」でも味気ないですけどね;

コスチュームの名前を変更する

ついでに、コスチュームの名前も変更しておきましょう。コスチュームの名前を変更するときは、「コスチューム」の右隣りの欄にキーボードで入力します。

・コスチューム1を「右足のばし」

・コスチューム2を「右足まげ」

にしました。ネーミンングセンスはどうかと思いますが、分かりやすいでしょ。

「ベクターモード」と「ビットマップモード」の違いは?

Scratch3.0のペイントエディターは、デフォルトではベクターモードになっています。他のスプライトもベクターモードで作られているので、基本的にはこのままベクターモードで画像編集を行います。

ベクターモードは、なめらかな線で表現できるのが特徴です。しかし、キャラクターによってはカクカクとしたビットマップ画像の方が良いかもしれません。そんな時は、「ビットマップに変換」をクリックします。

ベクター画像を拡大したところ

なめらかな線でスプライトを表現したいときは、ベクターモードを使います。

ビットマップ画像を拡大したところ

カクカクした線でスプライトを表現したいときは、ビットマップモードを使います。

ベクターモードの使い方

スプライトの色を変える

スプライト色を変えたいときは、①「塗りつぶし」をクリックしてから②「プルダウンメニュー▼」をクリックします。

「塗りつぶし」の右の枠内の色を見ながら、

・色

・鮮やかさ

・明るさ

を調整しましょう。

塗りつぶしたい箇所をクリックすると、色が濡れますよ!

ちなみに、上の□をクリックしてから塗りつぶすことでグラデーションが付けられますよ!

他の色を吸い取る方法

他のスプライトや背景と同じ色を使いたいときは、「スポイト」機能を使います。画面右下から色を吸いたいスプライトのアイコンをクリックします。

ペイントエディターを開き、スポイトのアイコンをクリックして、吸い取りたい色の上にマウスのポインターを当ててクリックします。これで色が吸い取れましたよ。

再びねこのスプライトをクリック。

さきほど吸い取った色が、塗りつぶしの右隣りの枠内に表示されました。あとは塗りたい箇所をクリックすればOKです!

スプライトに加筆する

「筆」や「直線」などでスプライトに書き加えることができます。枠線の横の数値を変えることで、線の太さを調整できますよ。

加筆したものを消したい

描いたものを消したいときは、3つの方法があります。

「戻る」をクリックする

「消しゴム」を使う

「ゴミ箱」をクリックする

ゴミ箱をクリックすると全て消えますが、範囲を選択してからゴミ箱をクリックすると選択した範囲だけ削除することが出来ます。

スプライトの形を変える

ねこのしっぽは上向きですが、下向きにしたり長くすることだって出来ますよ!

①「形を変える」をクリック

②形を変えたい箇所を選択

○ポチを少しずつドラッグして形を変えます。

難しいですね;

グループ化する

スプライトと離れてしまったイラストは、グループ化することで1つのスプライトとして扱われるようになります。

①「選択」をクリック

②グループ化するものを囲むようにドラッグ

③「グループ化」をクリック

「グループ解除」をクリックすると、解除できますよ。

スプライトを反転する

Scratchのスプライトは、右向きのものが多いですよね!実は、簡単に左向きにすることができるんですよ。

①「選択」をクリック

②反転させるものをドラッグして選択

③「左右反転」か「上下反転」をクリック

ねこが左向きになりました!

枠線を無くしたい

図形を描くときに、枠線が不要な場合がありますよね。「枠線なし」を選択してから図形を描くことで、枠が無い図形が描けます。

 

図形の角度を変える

赤で囲った部分を左右にドラッグすることで、図形の角度が変化します。

上り坂になりましたよ!

手前・奥を入れ替える

ねこの足が図形で隠れてしまたので、図形を背面に下げます。

図形を選択した状態にしてから、「下げる」をクリックしましょう。

ねこの足が手前になりました!

テキストで日本語入力が可能に

Scratch2.0では日本語入力ができませんでしたが、Scratch3.0のペイントエディターでは日本語のテキスト入力ができます。「テキスト」をクリックしてから「日本語」を選択し、キーボードで入力してみましょう。

これは嬉しいです。キーボードで日本語を入力すると横文字になりますが、1語ずつ改行することで縦書きにも対応できますよ。

ビットマップモードの使い方

ビットマップモードは、ベクターモードとほぼ同じです。ビットマップモードはグループ化や反転などの機能がありません。

ペンタブレットがおすすめ

ペイントエディターの「筆」でスプライトや背景を自由に描くことが出来ますが、マウスで描くと線がカクカクして上手く描きずらいです。そんなときは、ペンタブレットがおすすめですよ。高いものは必要ありません。私が使っているのは、3,000円~4,000円ほどの安価なものです。

マウス代わりにペンのように使えるので便利です!

ペンタブレットは、マウスのように右クリック・左クリックも出来るのでマウスが無くても操作が完結します。

スプライトの作り方

さっそく、オリジナルのスプライトを作ってみましょう!ねこは邪魔なので、消しておきましょうね。

「×」をクリックすると、スプライトを消せます。

①「スプライトを選ぶ」をクリックして、「描く」をクリックします。


これから描くスプライトの名前を入力しておきましょう。

塗りつぶしにグラデーションを使うと立体的に見えますね!

画像をコピーする方法

かぼちゃの中に絵を描けないので、外側に目を描いて後から組み合わせます。

目をコピーします。①「選択」をクリックして、②コピーしたいものをドラッグで選択しましょう。③「コピー」をクリックします。

「貼り付け」をクリックすると、コピー完了です。

左右反転して、任意の場所にドラッグすればOKです。

スプライトが完成したら、忘れずにグループ化しておきましょう。

スプライトを拡大・縮小する

スプライトが大きすぎたり小さすぎるときは、倍率を変更できます。「大きさ」はデフォルトで100(%)になっているので、

・数値を100より小さくすると縮小

・数値を100より大きくすると拡大

することが出来ます。

スプライトを書き出す・アップロードする

作ったスプライトをパソコンに保存したり、パソコンに保存してある画像をアップロードすることが可能です。スプライトのアイコンの上で右クリックして「書き出し」を選択しましょう。

パソコン内にスプライトが保存されますよ。パソコンからアップロードしたいときは、

①「スプライトを選ぶ」をクリック

②アウプライトをアップロード

でアップロード出来ます。

背景の作り方

オリジナル背景も、スプライトと同じように

①背景を選ぶ

②描く

から作ることが出来ますよ!

 

背景を塗りつぶしたいときは、ビットマップモードにすると塗りつぶしが出来ます。

色を選択したら「塗りつぶし」をクリック!

背景に画像を書き加える場合は、ベクラーに変換してから描くと線がなめらかになりますよ。

背景をグラデーションにする

Scratch3.0は、2色でグラデーションを作ります。「塗りつぶし」右隣りのプルダウンメニュー▼をクリックして、好みのグラデーションのパターンをクリックしましょう。

このままだと、紫と紺のグラデーションになってしまいます。紫とオレンジにしたいので、紺色をクリック。

オレンジに変更します。

「塗りつぶし」をクリックすれば、紫とオレンジのグラデーションの完成です!

2色のグラデーションは、スプライトを塗るときも同様の操作で出来ますよ。

背景にイラストを描く

背景にイラストを描くときは、拡大をしてから描くと上手く描けます!

描き終わったら、「=」をクリックして等倍に戻しておきましょう。

ゲームを保存する

Scratch3.0の「共有する」はまだ開発中なので(2018年10月現在)、ゲーム作ったらをコンピューターに忘れずに保存しておきましょう!ゲームタイトルを入力したら、「コンピューターに保存する」をクリックすればOKです!

さっそく遊んでみよう!

オリジナルのスプライトで作ったゲームで遊ぶのは、また格別ですね!魔女がカボチャを連射しておばけとかんおけをやっつけるゲームです。

ゲームのコードは、前回作った連射ゲームとほぼ同じです。

Scratch3.0とマイクロビットをつなげてみよう

Scratch3.0の拡張機能を使えば、マイクロビットと連携できます。マイクロビットがコントローラーのようになるのでぜひ挑戦してみて下さい!