Scratchのスプライトを3Dにしてみよう

Scratchで3Dの作品を作るとなると、スプライトや背景を3Dで製作しなければなりませんよね。

2Dではなく3Dとなるととてつもない労力がかかります。

でも、2Dで作品を作るように3Dの作品が作れたら素敵だと思いませんか?

Microsoftストアにある「ペイント3D」というフリーソフトを使えば、Scratchの3Dスプライトが簡単に作れますよ!

ペイント3Dとは?

windows10の「ペイント」を開くと、「ペイント3Dを開く」というアイコンがあります。

ここをクリックするとペイント3Dが立ち上がります。

MicrosoftストアからもOSがwindows10なら無料で入手できますよ。

 

「新規作成」をクリックしましょう。


「3D図形」をクリックします。

3Dオブジェクトから球体を選びます。

キャンバスの上でドラッグすると簡単に球体が描けますよ。

オブジェクトを描くと、色が編集できるようになります。

①好みの色を選択して

②オブジェクトをクリック

素材を変えることが出来ます。

ここでは「くすんだ金属」を選んでみました。

3Dに2Dのステッカーを貼ろう

ペイント3Dには「ステッカー」という機能があって、標準装備されているステッカーやオリジナルのステッカーなどを3Dのオブジェクトに貼ることが可能です。

「ステッカー」をクリックして、好みのステッカーをクリックします。

3Dオブジェクトの上にドラッグしてチェックマークをクリックしましょう。

これで、ステッカーを3Dのオブジェクトに貼ることができました!

なんだかとっても不思議ですね。

3Dに2Dテクスチャを貼ろう

①ステッカーのアイコンの右隣りの「テクスチャ」のアイコンをクリックすると、複数のテクスチャが表示されます。

②お好みのテクスチャをクリックして3Dオブジェクトの上でドラッグします。

 

3Dオブジェクトにテクスチャを貼ったら、チェックマークをクリックしましょう。

2Dのテクスチャが3Dオブジェクトに貼れるなんて面白いですね!

テキスト文字を3Dにしてみよう

テキストツールで書いた文字も3Dのオブジェクトにすることが出来ますよ!

①「テキスト」のアイコンをクリックして

②「3Dテキスト」をクリックします。

③字体を選択して

④フォントを選択します。

⑤色を選択して

⑥キャンバスをクリックします。

「SCRATCH」と書いてみました!

薄っぺらだけど、ちゃんと3Dになっています。

Remix 3DのオブジェクトをScratchのスプライトにする方法

ペイント3Dで作成した作品をRemix 3Dにアップロードしたり、Remix 3Dに投稿された作品をペイント3Dに読み込むことが出来ます。

「Remix 3D」のアイコンをクリックして「3Dモデル」を検索してみましょう。

オブジェクトをキャンバスにドラッグするとペイント3Dに読み込めます。

とってもリアルな3D画像ですね!

これはとっても楽しいです。

このままScratchのスプライトとして使えれば良いのですが、残念ながらこの状態ではスプライトにできません。

背景を透過しよう

①「キャンバス」のアイコンをクリックして、

②「透明なキャンバス」をオンにしましょう。

③選択範囲が広いので、適切な大きさに縮めておきます。


こんな感じでOKです!

画面左上の「メニュー」のアイコンをクリックしましょう。

「名前を付けて保存」をクリックいます。

いったん、ペイント3Dのプロジェクトとして保存します。


①名前を付けて

②「ペイント3Dで保存します」をクリックします。

これで、読み込んだオブジェクトが保存されました!

ファイルをエクスポートしよう

3Dペイントで保存したファイルをエクスポートすると、Scratchで読み込めるようになります。

「ファイルのエクスポート」をクリックしましょう。


Scratchで読み込めるファイル形式の「2D PNG」を選択します。

これでファイルがパソコン内にエクスポートされました。

Scratchに3Dオブジェクトを読み込もう

Scratchにログインして、ステージ下のファイルのアイコンをクリックします。

エクスポートしたファイルを読み込むと、ステージ上に3Dオブジェクトが追加されます。

スクリプトを作成したり、スプライトや背景を追加して作品を作ってみましょう!

3Dアニメーション作品の完成

フォークとテーブル、ゆげを追加してScratchでプログラミングしてみました。

これはリアリティがあって楽しいです。

Scratchで再生してみる

音楽も追加しました。

眺めるだけですが、なんだかほのぼのしてきますよ~。

お腹空いた!

まとめ

Scratchでは、ペイント3Dを利用することで3Dの作品が簡単に作れます。

ペイント3DとRemix 3Dをもっと使いこなせるようになったらもっと凄い作品が作れそうですね。

また機会があったらScratchで3Dの作品を作りたいと思います!