scratch(スクラッチ)でゲームを作ろう!

創元社から出版されている「10才からはじめるゲームプログラミング図鑑」を試してみました。

8つのバラエティに富んだゲームがテキストを見ながら作成できるようになっています。


とは言っても、scratch(スクラッチ)のチュートリアルと比べるとレベルがガクンと上がった内容です。

こちらは、親子一緒に作成してみることをおススメします。

達成感がハンパ無い!

テキスト通りに作るので、最初は組み立てたブロックにどんな意味があるのかチンプンカンプンでしたが、だんだんゲームが完成するにつれてワクワクしてきます。完成したときは子どもと一緒にガッツポーズしてしまいます!

どんなゲームが作れるの?

スクラッチで作成したゲームをブログに埋め込みました。ゲームで遊ぶにはフラッシュプレイヤーが必要です。ゲームが読み込めない人は、tomoannaのscratchアカウントへアクセスして下さいね。

スター・ハンター

タコにぶつからないようにして星を集めるゲームです。

最初は、あまりおもしろくなさそうかな・・と思っていましたが、ゲーム作り初心者の初めてのゲーム作りにはピッタリの教材だと思います。スプライト(キャラクター)の大きさを調整することで、ゲームの難易度が変わるのが面白いなと思いました。

チーズをさがせ!

キーボードの上下左右の矢印でネズミを動かして、チーズをゲットするゲームです。虫や幽霊にぶつかるとゲームオーバーになります。

迷路ゲームで一見単純ですが、ゆうれいがいきなり出現するところがスリリングです。虫がどうしてもゴキブリに見えてしまうので、他のスプライト(キャラクター)に変更するのもアリかなと思います。

サークル・ウォーズ

青い〇をマウスで動して、10点集めるゲームです。緑の〇にふれると1点って、赤の〇にふれると-3点になります。-10点になったらゲームオバーです。

このゲーム、規定通りに作ったらぜんぜんクリア出来なかったので、敵の赤丸をメチャクチャ小さくしました。「クローン(複製)」の概念が分かりやすく学べる教材でした。

おサルのジャンプ

スペースキーでジャンプして、バナナ集めるゲームです。
・右の矢印⇒角度が低くなる
・左の矢印⇒角度が高くなる
・上の矢印⇒飛び出すスピードが速くなる
・下の矢印⇒飛び出すスピードが遅くなる
角度やスピードを調整してサルを飛ばします。

おサルがなんとも可愛らしいゲームです。ゲームの中で「重力」が働くととても面白いですね。バナナをすべて集めるのはなかなか難しいです。

ホウキにのった魔女

魔女が敵にふれるとライフが1つ減って、ライフが0になるとゲームオーバーになります。

・スペースキー→火の球を出し、コウモリや幽霊・ゴール・ドラゴンを倒す

・左右の矢印→魔女の角度が変わる

ただの丸のスプライトがプログラム次第で「爆発」したように見せられるんだな~と感動しました。

犬のごちそう

・スペースキー→ジャンプ

・左右の矢印→犬が動く

骨を全て集めてから丸いゲートへ進むと次のステージに行けます。お菓子にぶつかるとゲームオーバーになります!

レベルが上がるごとに背景が変わるので、ボリュームがあるプログラミングになります。こちらのゲームは遊んでて一番楽しいゲームだと思いました。

氷の上のレース

2人で遊ぶゲームで、宝石を多く集めた人が勝ちです。キーボードの矢印で操作します。

背景が動くと車が動いているように見えるのが面白いですね。ゲームの管理人「ペンギン」の演出も楽しいです。

ドラムで音遊び

お手本のドラムが鳴る順番を覚えて、クリックして再現します。覚える数が1つ、2つ、3つ・・と増えていきます。

似たような名前の「変数」がたくさん出てきます。変数の選択を間違えるとゲームが動かないので、なかなか大変です。

まとめ

「10才からはじめるゲームプログラミング図鑑」に登場するゲームは、大人から見ると簡単すぎてつまらないと思うかもしれませんが子供ウケは抜群です!実際に筆者の小学校2年生と3年生の子供は夢中になって遊んでいました。

scratch(スクラッチ)の可能性がグンと広がる楽しい教材でした。