小中学生向け!プログラミングと英語アプリ

【無料】マインクラフトでプログラミングが学べる「Minecraft Hour of Code」に挑戦!

Minecraft の Hour of Codeとは

アメリカ発のプログラム学習支援団体「Code.org」(コードオルグ)から提供されている「Minecraft Hour of Code」は、1時間でコンピューターサイエンスが学べる教材です。プログラムの命令(コマンド)がScratchのようにブロックになっているので、プログラミング初心者でも抵抗なくコーディングが学べます。



チュートリアル①Minecraft アドベンチャー

ソフトウェアをインストールする必要はありません。Webサイトにアクセスするだけで、インターネットに接続された環境であれば誰でも気軽に始めることが出来ます。

MInecraftアドベンチャーの「始める」をクリックすると、最初に短いストーリームービーが再生されます。素材を採掘しようとしても、コードが無いと素材を入手できません。「Minecraftのコードを学ぼう!」という展開になります。

キャラクターを選択する

Steve(スティーブ)とAlex(アレックス)、2人のうちの好きなキャラクターが選べます。


Steve(スティーブ)を選択してみました。さっそくミッションが始まります。14のミッション(パズル)が用意されています。Minecraft アドベンチャーのミッション13では、画面右下から家に向かってレールを敷いていくコードを書きます。


コードが成功するとSteve(スティーブ)がトロッコに乗って楽しそうにやってきます。Minecraftアドベンチャーを全てクリアしたら、Minecraftデザイナー・Minecraft 主人公の旅にも挑戦してみましょう!

チュートリアル②Minecraft デザイナー

Minecraft デザイナーには、12のミッション(パズル)が用意されています。ミッション7では、クリーパーを爆発させてブロックを破壊して、羊の所へ行きます。


プレイヤーがクリーパーの近くに居ると死んでしまうので、素早く離れましょう!Minecraft アドベンチャーよりは自由度の高いミッションになっています。大まかなゲームキャラクターのプログラミングが学べます。



チュートリアル③Minecraft 主人公の旅

Minecraft 主人公の旅には、12のミッション(パズル)が用意されています。ミッション10では、レールを完成させるとSteve(スティーブ)がトロッコに乗ってアイテムをGet出来ます!

Minecraft アドベンチャーとの違いは、Agent に作業をさせるところと「関数」を使ってコードを短縮することを学ぶところです。

チュートリアル④Minecraft Voyage Aquatic

Minecraft Voyage Aquaticには、12のミッション(パズル)が用意されています。ミッション11では、マイクラに新しく追加された「コンジット」が出てきますよ!

Minecraft Voyage Aquaticは、繰り返しコマンドと条件コマンドが学べるアクティビティでした。Minecraft Hour of Codeの中では、一番難易度が低い印象です。

マイクラ以外のアクティビティに挑戦してみよう!

Hour of Codeには、Minecraftの他にも、多くのアクティビティが用意されています。中でも、おすすめのアクティビティを5つご紹介します。

スター・ウォーズ・コードで銀河を造る

スターウォーズでプログラミングには、15のミッション(パズル)が用意されています。ミッション14では、パイロットを捕まえるゲームを作ります。


Minecraft Hour of Codeよりも易しいので、幼稚園のお子さんでも楽しく遊べますよ。

アナとエルサとコードを書く

アナとエルサとコードを書く」には、20のミッション(パズル)が用意されています。算数の図形をコードで書く基本的な考えが学べます。ミッション12では、ひし形を10こ描きます。
角度や割り算などを活用して、ミッションをクリアしたときには綺麗な図形が完成するので達成感がありますよ!アナと雪の女王の氷の世界に浸りながら、プログラミングが学べます。

Classic Maze

Classic Maze(古典的な迷路)」は、赤い鳥のアングリーバードをブタまで導くアクティビティです。20のミッションがあります。

条件ブロックやリピートブロックを使って、効率よくアングリーバードをブタまで導きましょう!

フラッピーゲームを作る

フラッピーゲームを作る」は、黄色い鳥のフラッピーのゲームを作るアクティビティです!10のミッションがあります。

当たり判定や背景が変わるプログラム、点数が入るプログラムなどゲーム作りの基礎が学べます。

スクラッチで飛ばす

Scratchで飛ばす」※は、教育用言語Scratchでプログラミングをするアクティビティです。今までのようにミッション形式のパズルプログラミングではなく、Scratch3.0のエディターを使用して命令ブロックを組み合わせてプログラミングをします。More resourcesの「教師のノート」のリンク先にpdfテキストがあるので、見ながらプログラミングしていきましょう・・と言いたいところですが、テキストが英語なので下記を参考にしてみて下さい。

【ビルのコード】

ビルのx座標が-5ずつ動くことで、スクラッチキャットが飛んでいるように見えます!

ここから、ビルのコスチュームが変化するようにしたり、ハートをキャッチしたら点数が入るようにアレンジしてみようといった文章が書かれています。この内容は、Scratchチュートリアルの「キャラクターを飛ばそう」と同じものです。ハートに触れたら点数が入るようにするには、変数を使用します。

ビルのコスチュームが変化するようにするには、先ほどのコードに「次のコスチュームにする」を挿入します。

下のGIFは、Scratch2.0のチュートリアルです。コードなどはこちら(筆者筆者Scratchアカウント)

※「Scratchで飛ばす」は、リンク先の下の方にあります。

をクリックして、ずーーーっと下へスクロールしてみましょう。

まとめ

マインクラフトやスターウォーズなど、子どもに親しみやすいキャラクターと一緒にプログラミングの学習が出来るHour of Codeは1時間ほどで学習が終わるので、達成感を感じますよ!アナと雪の女王など、女の子に人気のある可愛らしいキャラクターがあるので、自分にピッタリ合った教材を見つけられるのが特徴です。これなら、楽しんでプログラミング学習に取り組めそうですね。

 

↓こちらの記事もおすすめです!

【マイクラでプログラミング!】

Windows10版のマインクラフトでプログラミングが学べます。「Minecraft Hour of Code」からのステップアップに。

安価な小型コンピュータの「ラズベリーパイ」と教育用プログラミング言語の「Scratch」を連携すれば、マインクラフト・パイ(ラズパイ用のマイクラ)をScratchでプログラミングできます。

【電子工作でプログラミング!】

2,000円ほどで買える「マイクロビット」を使って、電子工作プログラミングに挑戦してみませんか?

関連記事

アプリ課金が半額に!

Amazonアプリストアで初めて課金する人向けのキャンペーンで、2019年6月28日(金)00時00分(日本時間)から2019年7月28日(日)23時59分(日本時間)までAmazonコイン5,000円分が2,500円で購入できます。Amazonコインは、アプリ課金・有料アプリ購入するときに利用できます。

最近の投稿