マイクロビットの「加速度センサー」とは

マイクロビットには、標準で加速度センサーが付いています。25個のLEDが付いている側を表側とすると、裏側の左下あたりにある黒い四角の出っ張りです。

マイクロビットの加速度センサーは、マイクロビットが
・揺さぶられた
・傾けられた
・落とされた
ことを感知します。例えば、マイクロビット JavaScript ブロック エディタの「入力」をクリックしてみます。

すると、「ゆさぶられたとき」というブロックがあるのでドラッグしてみましょう。

揺さぶられたときに、LEDでハートが表示されるようにしてみました。

シミュレーションするとこうなります!

「ゆさぶられた」のブロックにあるプルダウンメニューをクリックしてみましょう。

・ロゴが上になった
・ロゴが下になった
・画面が上になった
・画面が下になった
・左に傾けた
・右に傾けた
・落とした
など、プロジェクトでいろいろ使えそうですね!

加速度センサーを使ってじゃんけんゲームを作ろう

マイクロビット JavaScript ブロック エディタの「プロジェクト」に、じゃんけんゲームのサンプルコードがあります。

さらに「プロジェクト」をクリックして・・

「Rock Paper Scissors」をクリック。

画面右にガイドが出てきます。

ガイドの右上の青い四角をクリックしてみましょう。

すると、準備するものと作り方、サンプルコードが表示されます。

コードは日本語ブロックで書かれているので、見ながら「じゃんけんゲーム」が作れますよ!
・じゃんけんのパーを大きい□
・じゃんけんのグーを■
・じゃんけんのチョキを✂
で表現します。0~2の乱数を使って、ランダムに表示されるプログラムです。
・0=パー
・1=グー
・2=チョキ
です。

次に、論理ブロックを使うのですが少し加工してあげる必要があります。

歯車のアイコンをクリックしてみましょう。

「else if」か「else」どちらかの新しいブロックを追加できるようになります。

左側の「else if」を右側の「if」と「else」のブロックの間にドラッグしましょう。

もう1度歯車をクリックすると、ブロックが加工されて「もし~なら~でなければもし~なら~でなければ~」となったことが分かります。

・乱数が0ならばパー
・乱数が1ならばグー
というコードが完成しました。

・乱数が2ならばチョキ
というコードを作成しますが、「tool=2」を確認する必要はないので(余った数値は必然的に「2」になるため)、✂のアイコンのみ加えます。

シミュレーターで確認してみよう

シミュレーターのマイクロビット右上「SHAKE(ゆさぶる)」をマウスでクリックすると、じゃんけんが始まります!

パー

グー

チョキ

プログラムをマイクロビットに転送しよう

タイトルを付けてから、プログラムをパソコンにダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、プログラムをマイクロビットに送信します。

じゃんけんゲームで遊んでみよう

マイクロビットを「じゃ~んけ~ん」のタイミングで揺さぶって、「ぽん!」のタイミングで相手に見せてじゃんけんで遊びます。これは、とっても盛り上りますよ!(^o^)/

コードを追加してみよう

楽しいじゃんけん・・何度も遊びたいですよね!でも、マイクロビットには前回のじゃんけん結果が表示されたまま。Aボタンを押すと、画面をリセットするコードを追加しておきましょう。

これで、何回でも繰り返し遊べますよ。(*’-‘*)ノ