マイクロビットとは?

micro:bit(マイクロビット)は、イギリスで誕生したプログラミング教育向けのマイコンボードです。

イギリスでは、11歳〜12歳の子供に無償で配布され、授業で活用されています。

日本でも2020年までに30万人の子供がマイクロビットを学べるような環境になるそうです。

・25個のLED

・2個のボタンスイッチ

・加速度センサー

・磁力センサー

・無線通信機能

が付いて2,000円(税込み2,160円)。日本では2017年8月5日より販売が開始されました。

マイクロビットを購入してみた

ケースの大きさは、ハンドスピナーのケースと同じかそれより小さいくらいです。

説明書が添付されていますが、全て英語でした。

中身を取り出してみます。

5列×5列=25個

の表示用LEDが並んでいます。

A、Bと表示された2個のボタンスイッチも確認できますね。

こちらは裏面になります。

マイクロビットの使い方

micro:bit(マイクロビット)を、マイクロUSBケーブルでパソコンと繋げます。

サンプルプログラムが入っているので、LEDがにぎやかに点滅しますが気にしないで大丈夫です。

マイクロビットでプログラミングする方法

マイクロビット JavaScript ブロック エディタでプログラミングをします。日本語に対応していて、Scratchと同じように命令ブロックを組み立ててプログラミングしていきます。

①「基本」をクリックしてみましょう。

②「アイコンを表示」をクリックします。

③「ずっと」のブロックの中にドラッグします。

④アイコンをクリックして、他のアイコンを表示させてみましょう。

⑤40種類のアイコンの中から好みのアイコンをクリックします。

⑥これで、□のアイコンをずっと点灯させるプログラムができました。

⑦ずっと同じ表示ではつまらないので、他のアイコンも選択してみます。□と♡が交互の点灯するプログラムの完成です。

プログラムをダウンロードしよう

画面左下の「ダウンロード」をクリックしてプログラムをダウンロードします。

プログラムをマイクロビットに送信しよう

ダウンロードしたファイルを右クリックして、micro:bitのUSBドライブに送ります。(Windowsの場合)Macの場合は、ドロップ&ドラッグして下さい。

プログラムを転送している間は、micro:bitのうら側にある黄色のLEDが点滅します。転送が終了したらプログラムが実行されます。

いきなりプログラムが実行されるのでビックリします;

電池ボックスをつなげばマイクロUSBを外して持ち歩けますよ。

マイクロビットでできることは?

マイクロビット単体でもプログラミングを学ぶことができますが、他のマイクロビット用アクセサリーを組み合わせることで作品の幅が広がります。

LEDのモジュールと接続すれば、強烈な光を発します。

 

YouTubeにもいくつか作例が紹介されていますが、まだ数が少ない印象です。その中から、おもしろそうな動画を3つピックアップしてみました。

かぞえるマシーン

おしゃべりマイクロビット

Bluetoothでバギーをコントロールする

2018年4月追記:こちらのバギーは、ライントレースカーのキットだと思われます。ここまで改造できたら楽しそう!

まとめ

micro:bit(マイクロビット)は、日本に入ってきてまだ間もないので「サンプル作品」が少ないです。これからマイクロビット用のソフトウェアなどがどんどん開発されることでしょう。可能性を秘めた教育用マイコンボードなので、じっくり研究してみようと思います!マイクロビットにはチュートリアルも用意されていますので、ぜひ挑戦してみて下さいね。

マイクロビットの周辺機器キッドも販売されています。12のプロジェクトも付属されているのでマイクロビットの学習を進めたい人にはおすすめです。