Makecode とは?

Microsoft Makecodeは、Microsoftが開発したブロック型のプログラミング環境になります。

コードを入力しなくても、命令ブロックを組み合わせるだけでマイクラの世界をプログラミングすることが可能です!

動作環境について

Makecode for Minecraft(マイクラに対応したMicrosoft Makecode)に対応しているOSは、Windows10 になります。

Windows10版のマイクラが必要ですが、Java版のマイクラを持っている人は無料でWindows10版のマイクラがダウンロード出来ますよ。

必要なもの

・Windows10版のマインクラフト(3,150円)

・Code Connection(無料)

Java版のマインクラフトを持っている人は、無料でWindows10版のマインクラフトがダウンロード出来ますよ。

これからWindows10版のマインクラフトを購入しようと思っている人は、Java版のマインクラフトを購入してからWindows10版のマインクラフトがダウンロードした方がお得になります(Windows10版のマインクラフトを購入してからJava版のマインクラフトを買うと、別途料金が発生します)。

Windows10版のマイクラを準備しよう

Microsoft StoreでWindows10版のマイクラを購入してダウンロードしましょう。

Windows10版のマイクラを無料でダウンロードする方法

Java版のマイクラを持っている人は、以下の方法でWindows10版のマイクラを無料でダウンロード出来ます。

Mojang Accountにログインする

Java版のマイクラを購入したときに、Mojangアカウントを登録したと思います。まずは、Mojang公式サイトへアクセスしてログインしましょう。

「Claim your free copy」をクリック

Microsoft アカウントにサインインする

ダウンロードコードを入力する

Windows10 版のマイクラのダウンロードコードが入力された状態になっているので、そのまま「次へ」をクリックします。

「確認」をクリック

Minecraft for Windows10にアクセスする

Windows10版のマイクラをインストールする

「インストール」をクリックすれば、Windows10版のマイクラを無料で手に入れることが出来ます。

もし、ここが「購入」となっている場合は、Windows StoreにMicrosoft アカウントでログインしてみてください。

「購入」となっている場合、そのまま手続きするとお金を払うことになってしまいますよ!

インストールが完了すると、「起動」するか「スタートにピン留め」するか選択できるようになります。

私は、とりあえずスタートにピン留めしておきました。

Code Connection の準備をしよう

Code Connection for Minecraft の「 Windows 10」をクリックいてダウンロードします。

Code Connectionをセットアアップする

セットアップ画面は英語ですが、「Next」をクリックするとセットアップが始まります。

「Finish」をクリックすればOKです!

デスクトップ画面に「Code Connection for Minecraft」のショートカットが表示されました。

Minecraft を起動する

Windows10版のマイクラを起動します。「サインイン」をクリックします。

Xbox Liveにサインインする

Xbox Liveにサインインするよう促されます。「次へ」をクリックしましょう。

好きな名前を入力して、「始めましょう」をクリックします。

新しいワールドを作成する

タイトル画面が表示されますので、「遊ぶ」をクリックします。

「世界」の「新しい作る」をクリックしましょう。

「世界を新しく作成」をクリックします。

世界の名前を好きなように入力します。ゲームモードは「サバイバル」で、難易度は一番易しい「ピース」にしました。

「作る」をクリックします。(世界は後から修正することが可能です)

チートを「ON」にします。

キーボードの「T」を押してチャットウィンドウを開きます。

Code Connection for Minecraftを起動する

Code Connection for Minecraftを起動して、コマンドをコピーします。

Minecraft のチャット欄にコマンドを入力する

起動しておいたWindows10版のマイクラのチャット欄に、Code Connection for Minecraftのコマンドを入力してリターンキーをクリックします。

無事に接続出来ました!

Microsoft MakeCodeのチュートリアルに挑戦してみよう

Code Connection の画面で、「Make Code」を選択します。

11のチュートリアルが用意されています。

PCの画面を二窓にしてプログラムを作成します。マイクラのチャット欄にプログラムをキーボードで打ち込むことで(チャットは終了する)実行されます。

このチュートリアルの内容ですが、「難しい」です。Scratchの次に始めるにしては、かなりハードルが高すぎると思います。

感想としては、プログラミング初心者向けではないかな・・といったところです。

Scratchのチュートリアルのように、丁寧で分かり易いチュートリアルだと良いのですが。

まとめ

Makecode for Minecraftは、導入が面倒なイメージがあるかもしれませんが、準備するものは

・Windows10版のマインクラフト(3,150円)

・Code Connection(無料)

だけなので、それほど複雑ではありません。

連動も比較的簡単な操作で完了します。繰り返しますが、Windows10版のマインクラフトは購入しないでJava版のマインクラフトを購入してからWindows10版のマインクラフトのマインクラフトを無料でインストールするのがお勧めですよ!