プログラミングを無料で学ぼう!

Code.org(コードオルグ)が提供している「Hour of Code」には、たくさんの無料で学べるアクティビティーがあります。人気ゲームのマイクラやディズニー、スターウォーズのキャラクターが登場するアクティビティーもあり、子どもたちが親しみやすくなっています。



パズルプログラミングが多いですが、プログラミングの導入として利用するのに適した教材です。

赤く怒っている鳥(アングリーバード)をプログラミングでどろぼうのミニオンピッグまで導くゲームです。まずは、Classic Mazeにアクセスしてみましょう。

Classic Maze(古典的な迷路)は20のミッション!

パズル1/ブタを捕まえよう

ミッション1では、ブロックをドラッグしてアングリーバードがブタのところまで移動させるプログラムを完成させます。

「前にすすむ」を1つドラッグすればコードの完成です!

「実行」をクリックしてみましょう。

おぉ、アングリーバードがブタを踏み潰すんですね;

パズル2/

ミッション2では、アングリーバードがなぜブタを怒っているのか理由がわかります。

羽をぐちゃぐちゃにするのは良くないですね。(^-^;

音声が楽しいので、ぜひスピーカーをオンにしてパズルに取り組みましょう!(^_^)/

パズル3/爆弾をよけながらブタを捕まえよう

ミッション3には、爆弾が2箇所に仕掛けられています。上手によけながらブタを捕まえましょう!

コードを間違えたら、アングリーバードの羽が吹き飛びます。(アングリーバードごと吹き飛びます!)

「右に回転」ブロックの後に「前にすすむ」ブロックをつなげるのがポイントです。

パズル4/

ミッション4も、爆弾をよけながらブタのところまでアングリーバードを移動させます。

爆弾にあたらないよう気を付けて!

ピョンピョン跳ねるアングリーバードが可愛いですね。

パズル5/

ミッション5では、アングリーバードとブタに距離が出てきます。

コードが長くなってきましたね。

失敗しても、「リセット」ボタンをクリックすれば何度でも再チャレできますよ!

パズル6/条件コマンドを使ってブタを捕まえよう

ミッション6では、「くりかえしブロック」(条件コマンド)を使います。ブロックを2つだけ使ってアングリーバードをブタまで移動させましょう。

プログラミングっぽくなってきましたね!

短いコードで、アングリーバードがブタのところまで移動できました!

パズル7/

ミッション7では、ブロックを3つだけ使ってアングリーバードをブタのところまで移動させます。

アングリーバードが右を向いているので注意して下さいね!

最初に「右に回転」ブロックを入れるのがポイントです。

パズル8/

ミッション8では、アングリーバードがどちらかへ曲がらなければブタの場所までたどり着けません。

くりかえしの回数を変更するのがポイントです!

最初は5回のままにしていたら、アングリーバードが石に激突しましたよ。(^o^)ゞ

パズル9/

  • ミッション9は、「くりかえし3回やること」のブロックを必ず使用してパズルを解くミッションです。

このコードでクリア出来そうです!

アングリーバードがブタに近付くにつれて、恐れをなす表情をしているところが可愛いです。(*^^*)

パズル10/リピートブロックを使ってブタを捕まえよう

ミッション10では、「~まで繰り返す」ブロックを使用します。

「ブタのところまで前にすすむ」というプログラムを作成します。

ブタのブロックが可愛いですね。

パズル11/

ミッション11では、4つのブロックだけを使ってアングリーバードをブタのところまで移動させます。

ブタに会うまで、「前にすすむ」「前にすすむ」「左に回転」を繰り返します。

アングリーバードがくるっと左に回り込んで、ブタに会いに行きますよ!

パズル12/ゾンビをヒマワリまで連れていこう

ミッション12では、場面がガラリと変わり、ジグザグの道となります。腹ペコのゾンビをヒマワリのところまで導きましょう。

ゾンビがジグザグに進むには、どのようにブロックを組みあわせたら良いか・・考えるのが楽しいですよ!

ゾンビだからジグザグ進むのでしょうか!?

パズル13/

ミッション13では、パックンフラワーに触れないように気を付けましょう!

ミッション12のコードとは少し異なります。

無事ゾンビがヒマワリまでたどり着きました!

パズル14/

ミッション14では、条件コマンド「もし左に道があるとき▼前にすすむ」のブロックを必ず使用してミッションに挑戦します。

ソンビはヒマワリに会うまで前に進み続けますが、左に道がある場合は左に回転します。

ゾンビが1歩前にすすむたびに、左に道が無いか確認しているのが分かります。

パズル15/

ミッション15では、もう少し道が複雑になります。

コードはミッション14とそっくりです。

上手いことヒマワリまでたどり着きましたね!

パズル16/スクラットのドングリハンター

ミッション16では、スクラットをドングリがある場所まで移動させます。「もし左に道があるとき▼」のブロックを使うのが条件です。

場面が一転して、なごみますね。

ドングリハンターのスクラットが、無事ドングリを見つけました。

パズル17/

ミッション17は、ミッション16の復習問題です。

ミッション16と似たコードです。

失敗すると、スクラットが溺れてしまいます。

パズル18/

ミッション18では、「もし~ならば・・でなければ~」のブロックを使用します。

今までとは少し考え方を変えて、「先に道があれば前にすすみ、道がなければ左に回転」というプログラムを作成します。

なかな面白いですね!異なるコードでもドングリまでたどり着けますが、このコードが最短だと思われます。

パズル19/

ミッション19は、ミッション18の復習になります。

ミッション18と似たコードになります。

プログラミングに慣れてきましたか?

パズル20/

ミッション20は、難易度MAXです。試行錯誤してブロックを3つだけ追加して、ミッションをクリアしましょう!

これで何とか行けそうです!

ミッション全クリアです!これは達成感がありますね。

まとめ

Classic Mazeは、ミッションが20個あるのでじっくりステップアップしながら学べます。全てクリアしたら、Minecraft Hour of Code に挑戦してみましょう!パズルプログラミングをマスターしたら、ぜひScratchなどのビジュアルプログラミング言語を使って作品を作ってみて下さいね。