Hour of Codeとは?

教育用プログラミング言語といえば、Scratchが有名ですよね。でも、もっと簡単で短い時間で学べる無料のプログラミング学習サイトがあります。

アメリカ発のプログラム学習支援団体団体「Code.org」(コードオルグ)が提供している「Hour of Code」は、1時間ほどでクリア出来るアクティビティがたくさん用意されています。

マインクラフトのキャラクターが登場するMinecraftのHour of Codeも人気ですが、スターウォ-ズ好きのお子さんには「スターウォーズでプログラミング」がおすすめですよ!

対象年齢が6歳以上なので、幼稚園の年長さんから始められます。命令ブロックをドロップ&ドラッグするだけなので、楽しみながらプログラミングの考え方の基礎が学べます。

スターウォーズでプログラミングに挑戦!

アプリやソフトをインストールしなくても、サイトにアクセスするだけで簡単に始められます。

面倒なアカウント作成や、メールアドレスの登録もありません。

「スターウォーズでプログラミング」には、15のミッションが用意されています。レイのお願いをBB-8が叶える形式になっています。

パズル1/スクラップ・メタルを取りに行こう

ミッション1では、BB-8をプログラミングしてスクラップ・メタルを入手します。

足りないコードを書き足します。

「実行」をクリックすると、BB-8が右に2つ進んでスクラップ・メタルをGet出来ました!

パズル2/スクラップ・メタルを2つ取りに行こう

ミッション2では、BB-8をプログラミングしてスクラップ・メタルを2つ入手します。

足りないコードを書き足します。

「実行」をクリックすると、BB-8が右に2つ・下に2つ進んでスクラップ・メタルを両方Get出来ました!

パズル3/スクラップ・メタルを素早く2つ集めよう

ミッション3では、BB-8をプログラミングしてスクラップ・メタルを2つ入手します。

近くにダースベイダーが居るので、なるべく早く集めなきゃ!

足りないコードを書きたします。

「実行」をクリックすると、BB-8がスクラップ・メタルを2つGet出来ました!

パズル4/スクラップ・メタルを3つ集めよう

ミッション4では、BB-8をプログラミングしてスクラップ・メタルを3つ入手します。

足りないコードを書きたします。

「実行」をクリックすると、BB-8がスクラップ・メタルを3つGet出来ました!

パズル5/敵を避けてスクラップ・メタルを3つ集めよう

ミッション5では、BB-8をプログラミングしてスクラップ・メタルを3つ入手します。

ダースベイダーが3体いるので、ぶつからないように注意しましょう!

足りないコードを書きたします。

BB-8が動くと、ダースベイダーが少し動くのでビックリしますが、無事にスクラップ・メタルを3つGet出来ました!

パズル6/スクラップ・メタルを4つ集めよう

ミッション6では、BB-8をプログラミングしてスクラップ・メタルを4つ入手します。

少し複雑になってきましたね。

足りないコードを書き足します。

「実行」をクリックすると、BB-8がスクラップ・メタルを4つGet出来ました!

パズル7/R2-D2にメッセージを届けさせよう

ミッション7では、P2-D2をプログラミングしてパイロットにメッセージを届けさせます。

P2-D2がキーボードの矢印で動くようになるようにコードを書きましょう。

足りないコードを書き足します。

P2-D2を動かすには、キーボードの上下矢印を使います。

無事にパイロットにメッセージを届ければ、ミッション完了です。

パズル8/4人のパイロットにメッセージを届けよう

ミッション8では、P2-D2をプログラミングして4人のパイロットにメッセージを届けさせます。

上下の矢印に加えて、左右の矢印でもP2-D2が動くようにプログラミングしていきます。

足りないコードを書き足します。

キーボードの上下左右の矢印でP2-D2を動かします。

4人のパイロットにメッセージを届ければ、ミッション完了です。

パズル9/得点が入るゲームを作ろう

ミッション9では、P2-D2がパイロットの触れたら音が鳴って点数が入るようにプログラミングします。

900ポイント取りましょう!

足りないコードを書き足します。

3人のパイロットに触れて900点を獲得しなければいけないので、「100ポイント▼ふやす」のプルファウンメニューをクリックして「100ポイント」を「300ポイント」に変更します。

900点を獲得すればミッション完了です!

パズル10/ストームトルーパーに触れないで200点獲得しよう

ミッション10では、P2-D2が200点獲得するゲームを作ります。

ストームトルーパーに触れたら100点マイナスになるようにします。

マイノックに触れたら点数が増えるようにプログラミングしておくと、ゲームが簡単になります。

足りないコードを書き足します。

マイノックに触れたら50ポイント増えるようにしてみました。

キャラクターが動くので、油断してると200点獲れなくなりますよ!

パズル11/パッファービックを3匹捕まえよう

ミッション11では、P2-D2がパッファービックを3匹捕まえるゲームを作ります。

パッファービックを捕まえたら、点数が入るようにしましょう。

足りないコードを書き足します。

パッファービックに触れたら1000ポイント増えるようにしてみました。

「実行」をクリックして、キーボードの矢印でP2-D2を操作してパッファービックを3匹捕まえましょう。

パズル12/マイノックを捕まえよう

ミッション12では、P2-D2がトーントーンを捕まえたらマイノックが2匹出てくるプログラムを作ります。

マイノックを全て捕まえましょう。

足りないコードを書き足します。

トーントーンに触れたら300ポイント増えるようにしてみました。

マイノックを捕まえたら100ポイント増えるようにしてみました。

だんだんプログラムが複雑になってきて、楽しくなってきましたね!

全て捕まえると、2000ポイント入ります。

パズル13/増殖するマウスドロイドを捕まえよう

ミッション13では、P2-D2がマウスドロイドを1匹捕まえたらマウスドロイドが2匹以上出てくるプログラムを作ります。

マウスドロイドを20匹捕まえれば、ミッション完了です。

足りないコードを書き足します。

マウスドロイドを捕まえたらマウスドロイドが4匹増えるようにしてみました。

ちょっと気味が悪いですが、マウスドロイドを20匹捕まえましょう!

パズル14/パイロットを工夫してを捕まえよう

ミッション14では、R2-D2がパイロットを捕まえるプログラムを作ります。

新しいコマンドを使用して、面白いゲームにしてみましょう。

パイトットに触れたら、R2-D2がC-3POになって早いスピードで追いかけられるようにしてみました。

これは面白いですね!

パズル15/オリジナルゲームを作ろう

ミッション15では、ドロイドがパイロットを捕まえるプログラムを作ります。

自由にコードを書き加えます。

R2-D2が障害物に触れたらキャラクターがランダムに増えるようにしました。

パイロットにR2-D2が触れたら、消えてしまいます。

まとめ

最初はとても簡単なプログラミングでしたが、後半は少しずつ難しくなっていきましたね。

ループや関数などは登場しないので、幼稚園~低学年のお子さんにピッタリのプログラミング教材だと思います。

Scratch にはチュートリアルがありますが、工程が長いので挫折してしまうかもしれません。

Scratchを始める前に、操作が少ない「スターウォーズでプログラミング」で命令ブロックを使ったプログラミングに慣れておくことをおすすめします!