プログラミング教育必修化で抑えておきたいポイント

2020年から小学校で導入されるプログラミング教育必修化のポイントは

  • プログラミングという教科が新しく出来るわけではない
  • プログラミング言語は学ばない

という点です。なぜこの2点をあえて外したのかは明示されていません。では、プログラミング教育では何が行われるのでしょうか?

  • プログラミング的思考を育てること
  • 各教科とプログラミングを連携して両者の理解を深めること
  • プログラミングに興味を持ってもらうこと

プログラミング教育の目的はこの3点になります。詳しい内容は下の記事で紹介しています。

新学習指導要領におけるプログラミング教育とは

平成29年3月に公開された新学習指導要領改訂のポイントの「その他の重要事項」にある情報活用能力の項目でプログラミング教育について触れています。

  • コンピューターで文字入力ができるようにさせる
  • 各教科の学習活動を充実させる手段としてコンピューターを活用する
  • 各教科でプログラミング的思考を育てる

この中で一番取り組みやすいのは、キーボードでの文字入力をマスターさせることですね。これだけでも、相当な時間がかかりそうです。プログラミングという教科がない中で、どのように文字入力をマスターさせるのか・・?他の2点は、事例が欲しいところです。

小学校プログラミング教育の事例を紹介しているサイト

まだ数は少ないですが、小学校プログラミング教育の事例を公開しているサイトがいくつかあります。少しずつ事例が増えているので、これらのサイトを覗くのはとても楽しいです。先生方には他の小学校で実践した事例をアレンジ・改良して、より良い授業を行ってサイトへ投稿し、情報を共有して頂けたらと思います。

未来の学びコンソーシアム

未来の学びコンソーシアムは、文部科学省・経済産業省・総務省が連携して立ち上げたプログラミング教育の情報を提供するプラットフォームです。学習指導要領の単元に例示されている事例だけではなく、学習指導要領にはない事例や学校外でのプログラミング学習の紹介など幅広い事例が紹介されています。

プロカリ

プロカリは、NPO法人みんなのコードが運営しているプログラミング教育の実践事例です。学習指導案を閲覧することが可能です。ICT環境が整っていなくても実践できるものを厳選して紹介されているのが特徴です。未来の学びコンソーシアムと比べるとまだ事例が少ないですが、今後充実されていくことを期待します。

ベネッセのプログラミング教育情報

ベネッセのプログラミング教育情報の実践事例はまだ1つしか投稿されていませんが、同サイトの「指導案」のカテゴリ「プロアンズ」の内容が興味深いです。準備するものや参考資料が明示され、教材テンプレートなども用意されているので、プログラミング初心者の先生が取り組みやすい内容かと思います。

小学校のプログラミング教育事例集

どのサイトも手が込んでいるので、全てのサイトに掲載されている情報を熟読するのをお勧めします。しかし、そんな時間ない!という人のために、教科・学年ごとに手短にプログラミング教育の事例をまとめてみました。これからどんどん事例が増えると思いますが、現在(2018.11.5)までの情報をお伝えします。

6年生

理科

レゴから発売されている「WeDo2.0」とWeDo2.0のプログラミング用教材を使って簡単なプログラミングをし、スイッチのオン・オフを通して電気を無駄なく使う方法を考える授業です。

人感センサーとUSBで動く扇風機を使って電気を無駄なく使う方法を考える授業です。Scratchによく似たソフトStuduino(スタディーノ)で実際にプログラミングを行います。

MESHのボタンセンサー・人感センサー・明るさセンサーを使って、電気の働きを制御する体験をします。最終的には、センサーを使ったプログラミングを行い小型扇風機が消費する電力を抑える実験をする授業です。

Arteck Roboを使って機械にも「てこの原理」が使われていることを学ぶ授業です。

microbit(マイクロビット)とセンサーを使って電気を無駄にしないプログラミングの方法を考える授業です。

家庭

事前にScratchで作成した炊飯器シミュレーターでご飯を美味しく炊くためのプログラミング体験をする授業です。

図画工作

Viscuit (ビスケット)を使って動く模様を作る授業です。

5年生

算数

Scratchの「ペン」機能を使って正方形・正三角形・正六角形を描く授業です。

同じくScratchの「ペン」機能を使って正方形・正三角形・正六角形を描く授業です。

プログラミング教材「プログル」を利用した授業です。

国語

Scratchで対話スクリプトのプログラミングを経験して、敬語の使い方を学ぶ授業です。

図画工作

Viscuit (ビスケット)を使って動くもようを作る授業です。

MESHのセンサーを使って動く工作を作る授業です。

4年生

理科

LEDで光る箱を作り、アニメーションを作る授業です。

社会

Scratchと地図帳、白地図を用いて47都道府県の位置と名称などを学ぶ授業です。

3年生

音楽

iosのアプリLOOPIMAL(ルーピマル)を使って、リズム音楽を作る授業です。

Scratchを使ってScratchのチュートリアルに挑戦し、音楽を作る授業です。楽器を表す英単語にも触れます。

2年生

国語

Scratchでプログラミングをするのではなく、Scratchで作られた作品によって楽しく助詞の使い方などを学ぶ授業です。

Viscuit (ビスケット)とタブレット端末を使ってシューティングゲームをしながら楽しく感じを覚える授業です。

音楽

Scratchとタブレット端末を使ってリズムをつくる授業です。

3~6年生

総合的な学習の時間

Scratchを使って、まちの魅力の情報を発信するプログラミングをする授業です。

5~6年生

総合的な学習の時間

センサー付き教育用車型ロボットとビジュアルプログラミングソフトを使って自動車の仕組みを学ぶ授業です。

まとめ

各学校の事例は、型にはまることもなくとても興味深いと思います。使用する教材はまちまちですが、無料ソフトのScratch(スクラッチ)とViscuit(ビスケット)が人気のようですね。中には高価なレゴWeDo2.0やMESHなどを利用している学校もあり、学校のプログラミング教育に割ける予算によってかな差が出てきそうだなと感じました。国や自治体から各学校に多額の補助が出ることを期待します。