小学1年生でも出来る!100均の消しゴムハンコが楽しい

JUGEMテーマ:100均

 

 

春休みになりましたね♪

 

子供も何かと暇を持て余すこの時期・・小学校2年生の息子が突然、「ハンコを作りたい」と言い出しました。∑(´д`*)

 

 

のこぎりで庭木を切って彫ろうとしてたけど、カッターでは刃がたちません。

 

彫刻刀を買い与えようかな・・と思ったけど、万力がないと危なっかしいので

 

消しゴムハンコに方向転換させました。

 

 

使いかけの消しゴムに文字を書いてカッターで削ってポンっ。

 

けっこうスグに出来たのですが、1個じゃもの足りない様子。

 

 

普通の消しゴムは1個100円しますよね。

 

消しゴムハンコにハマったら破産するわ・・と思いつつ、ダイソーでお安い消しゴムを探しに行きました。

 

 

そこで、とっても良い商品を発見!!ヽ(´∀`)ノ

 

 

IMG_8722.jpg

 

 

消しゴムハンコ用の消しゴムが2種類もありました♪

 

 

 

●彫ってつくるスタンプ消しゴム(両面使える)

 

好みの大きさに切って、表のカラーが見えなくなるまで彫ればハンコになるという商品です。

 

IMG_8723.jpg

 

 

 

●彫ってつくるスタンプ消しゴム(判子タイプ)

 

角・丸・楕円3つセットで108円です。

ホンモノのハンコみたいで、楽しそう!

失敗しも、カッターで金太郎飴のようにカットできてやり直せます。

 

 

IMG_8724.jpg

 

 

 

スタンプのインクも種類が豊富でした。

イエロー・ピンク・緑・紫を購入。

黒は家にあったので5色で挑戦しましたが、赤も欲しかったな〜とちょっと後悔。(-∀-`;)

 

 

IMG_8721.jpg

 

 

 

小学校1年生の娘も「やりたい」と言ったので、板状のものと判子タイプのものを買い与えましたが、娘には判子タイプは難しかったようです。見ているほうがヒヤヒヤするので、板状のものだけ挑戦させました。

 

 

まず、板状のスタンプを小さくカットする前にカッターで彫ります。

こうすることで、両手が使えるので小学校低学年の子供の場合は安心して彫り進めることができます。

 

板状のスタンプの中間の白い部分が見えるまでカッターで彫ったら、適当な大きさにハサミでカットします。

 

 

IMG_8762.jpg

 

 

図柄は、なるべく簡単なもので・・ちょといびつなハートでしたが、本人は大喜び。

 

IMG_8764.jpg

 

 

ちゃんとインクが付いたか確認して・・

 

IMG_8765.jpg

 

 

ギューっと力いっぱい紙に押し付けます。

 

IMG_8766.jpg

 

 

ペンで顔を描いたら、なかなか可愛くなりました♡

 

IMG_8769.jpg

 

 

 

息子は、判子タイプに挑戦。

文字が反対になるのでまずは紙にペンで書かせます。

 

 

IMG_8746.jpg

 

 

これを裏返した文字を彫ればハンコになります。

 

IMG_8747.jpg

 

IMG_8748.jpg

 

 

小学2年生にもなると、学校でカッターの使い方を習ったというだけあって安定した彫りっぷりでした。

 

IMG_8768.jpg

 

 

文字の部分を彫るバージョンで。

なんだかカマボコみたいですww

 

IMG_8770.jpg

 

 

緑のインクをペタッとつけて・・

 

IMG_8771.jpg

 

 

ここでインクが付いたか確認するのが大事です。

 

IMG_8772.jpg

 

 

力を込めてギューっと押し付けます。ちゃんと写るか、ドキドキ〜!

 

IMG_8773.jpg

 

 

なかなか上手に出来ました!

 

手紙とかにも使えそう〜。

 

IMG_8775.jpg

 

 

この後、子供たちは1時間半ほど熱中して作りまくり・・

 

オリジナルのハンコだらけに。(*´∀`*)

 

IMG_8777.jpg

 

 

文字と絵を組み合わせたり、苺のハンコのように実とヘタのインクを色分けしたりと、自分たちでいろいろ工夫して楽しんでいました。

 

小学校低学年の子供に、消しゴムハンコはピッタリのようです。

 

とっても楽しいので、ダイソーでぜひ見つけて挑戦してみて下さいね〜!(^o^)/


PR

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

サイト内検索

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM